スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍傷してた多肉


昨日はプレリンゼで記事を書いたので今日はラウリンゼで記事を書くことに決めていた。

朝から防犯パトロール団体交流会に出席し、午後からやり残したつるバラの剪定誘引作業。

多肉と遊ぶ時間はほとんどありませんでした。

事前に部屋に取り込んでおいたラウリンゼの夜間撮影をしていて気付いたのが

外葉の一部に凍傷が見られたのであります。一階より2階のベランダは風通しが良く

冷えたのでしょう。



お分かりになるでしょうか、下の葉の外側が濃い色に変色したところが凍みた箇所です。

凍みると細胞が壊されてしまうので多分アウトでしょう。

th_P1290192.jpg
画像は〈エケベリア リナシナ〉です。

中心部や根まで凍みるほど厳しくなかったので、下葉が枯れも再生できるでしょう。

th_P1290193.jpg


ラウリンゼも外葉の一部が凍みたように、粉が消失しています。

th_P1290187.jpg

室内に取り込むことが出来ないほど数が増え犠牲者を出してしまいました。

ごめんなさいです。



気を取り直し一部凍傷の〈ラウリンゼ〉であります

th_P1290173.jpg




ラウリンゼは年中同じ表情で紅葉らしい紅葉がないようです

th_P1290174.jpg
th_P1290175.jpg


我が家に居る5株のラウリンゼは個性がないのです。

皆、同じ表情であります。

th_P1290176.jpg
th_P1290177.jpg

一番高価(1000円)オザキ購入のラウリンゼ

th_P1290178.jpg
th_P1290179.jpg

最近、日本花キ流通で購入のラウリンゼ


th_P1290180.jpg
一年育てれば形は良くなるでしょう

th_P1290181.jpg

中心部は綺麗です。

th_P1290184.jpg

ラウリンゼは流通量が多くお求めやすいエケベリアだと思います。

でも、皆、表情が似ているのと年中色合いが変わらない退屈さもあります。

夏は緑は多い多肉の中にあって目立つのです。5株は持ちすぎですね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

スカート状態の多肉の仕立て直し


三連休最終日、皆様どのようにお過ごしでしょうか。365日連休の私は込み合う連休を

避け、今週末群馬県伊香保温泉を訪ね夫婦共々多肉(体)を癒したいと思っています。


下葉が枯れ落ち、根元の茎があらわになって下部の葉が垂れ下がりスカート状になった

多肉は仕立て直しとなります。徒長の場合は穂先をチョンパして発根させるのですが

株立ちになった場合根を残して植え込むか株元をカットして発根させるか悩ましいのです。

今回は混み合った根を切り詰め根を残した状態で植え付けます。茎と根の間が少し離れていても

葉の直下から新たな根が出てくれると思うのです。ほんとうは葉の下でカットして発根を待って

植え込むのがベストだと思いつつも秋の処置は怖くて躊躇するのです。


⬇️仕立て直しの「ラウリンゼ」

th_PA100001.jpg

⬆️下葉を整理し⬇️のように仕立て直します。

th_PA100011.jpg



⬇️去年の秋に植え替えたのですが、左のほうは鉢の形がつく程根張りしています。

 左は植え替えの必要はない状態ですが、茎立ちしてしまったので仕立て直します。

th_PA100004.jpg


⬇️今回は根を切り詰め植え込みたいと思います。土が乾いているのでゆするだけで根土が落ちます。

 土が濡れた状態だと根に土が張り付いていて根を痛めます。

th_PA100008.jpg


⬇️下葉をそれぞれ12、3枚むしり取りました。

th_PA100014.jpg


⬇️葉はみずみずしく張りがあるので全部葉挿ししました。

th_PA100051.jpg


で、皆さん捨てるのはチョットもったいないかなと思われる再利用可能な土はどうされていますか?



⬇️そこで、トタンの廃材を加工して土を焼いて殺菌するトレイを作りました。


th_PA100022.jpg


石膏ボードをひいて焼き鳥炙りでおなじみのバーナーで熱するのです。カセットコンロで

火に掛けるのもよし、そして培養土とブレンドしてリユースするのです。

th_PA100025.jpg

テフロンが剥げて捨てるようなフライパンがあればリユース出来ますね。


ネット購入の多肉も植え替えです

th_PA100018.jpg


⬇️ブルーオリオン           ⬇️ブルー?オリオン         ⬇️オリオン

th_PA100017.jpg


⬇️この秋これまで植え替えた多肉達

th_PA100020.jpg


そして今日の散歩道から


th_PA110009.jpg

⬆️東京にも進出してきたセイタカアワダチソウ

th_PA110013.jpg

⬆️フェンスに巻き付いてたわわに実っています。つぶして匂いを嗅いでみて下さい。

 その名は「ヘクソカズラ」不名誉な名前なのですが納得であります。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ショック!ラウリンゼが


恐れていたことが現実に、お気に入りの「ラウリンゼ」がやられたーーーーー

考えてみれば、この時期までにやってないことの結末であります。

2、3日まではこのような状態でなかったラウリンゼが一瞬にして

溶けたラウリンゼ

一番見たくない画像です。なが梅雨の落とし穴の犠牲者だ。

原因を探るべき分解

バラバラ

人気エケベリアは茎立ちしないで下葉を枯らしながら葉の更新が行われている。

乾燥している時期なら問題ない枯れ葉が、長梅雨で湿気を吸い込みカビを生み

根元を腐らせてしまった。

やはり

根元はジメジメでカビの温床でありました。


根は白い

水やりは控えていたので根は白く根腐れでは無かった事が見て取れる。


th_P7080059.jpg

早速すべてのエケベリアの枯れた下葉や風通しの悪い根元の梅雨対策を行った。

th_P7080060.jpg

どっちみち枯れ行く葉だからもぎ取りました。

この時期根にダメージを与えると、これからの夏を越せないかも

th_P7080066.jpg

茎基の下葉や枯れた葉をとる時、多肉全体を支えるようにして

根元を痛めないようにします。


こんなに枯れた下葉の残骸がありました。

th_P7080082.jpg

徒長しないエケベリアの下葉はいずれ枯れるので早めに間引き、風通し良くして

あげましょう。早く気づいてよかった、よかったの多肉初心者であります。


雨ざらしだった多肉の寄せ植えも、雨のかからない所に避難したが

th_P7080084.jpg

すでに手遅れで下葉から溶けてくる。茎が凍みたら終わりです。


夕方(5時頃)キジバトの親が給餌にやってきた。

キジバト親来る

梅雨曇りで夕刻の撮影は、動きのある給餌の場面ではピンぼけになりました。


キジバト

口元にお弁当のヒナ、ヒナの胸元は親から与えられた栄養価のたかいピジョンミルクで

膨らんでいます。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ラウィHybの片親探し


昨日の続きみたいな話ですいません。

ラウィハイブリットの片親は誰かということで、手持ちの多肉のなかから

片親の相手になりそうなものを探してみました。


ラウィご親族様ご一行

ラウイ一族

ラウリンゼ4とラウィ交配種


一番似ているかなと思うラウリンゼとの比較

ラウイの方親

ラウリンゼとは違うようです


リナシナとの比較は無意味ですね

ラウイの片親3


交配種によく利用されるプリドニス(花うらら)

ラウイの片親5

プリドニスだともっと緑がでるので違うし、実際あるものと別ものですね。


レッドギルバの葉の形状は似てるけど違うでしょう。

ラウイの片親4


手落ち多肉で見比べた中で一番可能性の高そうなのが、このアガボイデス

ラウイの片親2

真相は分かりませんがこのように比較して推測してみるのも楽しいですね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

一年後のラウリンゼ3体+1


「ラウイ」と「リンゼアナ」の交配種「ラウリンゼ」3株が購入から2年目となり

購入した価格差と個体差は比例しないようになっている。


4株とも昨年オザキフラワーパークで購入したものです。


4月購入800円

ラウリンゼ1

現在

ラウリンゼ5



5月購入550円

ラウリンゼ2


現在

ラウリンゼ8



7月購入258円

ラウリンゼ3

現在

ラウリンゼ7

⬇️の今年購入したものと比較してまあまあ上手に育てられたのかな。

   258円が1000円ということは、利回りは、、、、、、、、



今年4月購入1000円

ラウリンゼ6

4体とも成長が乱れることがないので葉挿し増殖も出来ないでいる。

  秋の植え替えの時に少し下葉をもげば葉挿しできるのかなと考えています。

  それとも、今の内、下葉が枯れる前に少しもいだほうがいいのでしょうかね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
111位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。