スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデニング一年目 2007


庭造りに当たっては、ネット検索の毎日で、理想の庭のモデルを探した。あまり好きなものとの

出会いはなかった。ガーデニングショーにも出かけたが、そこにもなかった。見て真似するモノ

でもないと思った。あちこち見て廻る時間もなかった。自己流でやるしかなかった。

緑のある庭を求め、何でも植えてしまうのもこの時期の特徴であろう。近所から挿し木の出来る

ものを捥いで、挿しまくった。【なにわばら】は猛烈な勢いで育っていった。

ある程度の整地を終えた3月、10束の高麗芝を植栽。2ヶ月目に最初の芝刈りをする。

高低差のある所をロックガーデン風にロックウオールで仕上げた。アプローチの両サイドも

ロックウオールで仕切る。使用したロックウオールはストレートが52個(一個680円)

アール11個(一個780円)。隣家の境はガーデンフェンスを設置。

5月に木製バーゴラ(17,800円)を設置。ばらのアーチとする。

何故か、半年の進捗状況を捉えた写真の記録がなく。6月の状態からの絵となる。


6月にもなると数回の芝刈りで、芝は芝生になりつつある。



正面南のこじんまりした庭だ。懐かしくもあり、開放感あふれる庭だった。

最初の芝生

最初の芝生は成功。だが2度挑戦し、今はない。んーーーー残念。


ワイド画面

東側隣家との段差をロックウオール2段積みとし、小さなロックガーデンに仕立てる。


芝のある庭が出来た。この時夢見たコニファーも植えた。コニファーは大きくなるの知ってたが。

芝庭へ
遠くに写る室外機の上。【金のなる木】  かみさんの実家から持ってきてたもので、これが
その時、今はまる多肉とは知りませんでした。


「ご自由にお持ち下さい」のご近所から使えそうなタイルやレンガをもらって、敷いてみた。

これなら部屋から裸足で出られそうだ。

芝メイン

今はウッドデッキとなるこの場所は、青々とした芝生が、ゴルフ場で見た芝生があった。

この時期、空を遮る木立はなく、芝生も心地よく育つ。

そして後々、芝生に苦しめられるのである。芝生の手入れは想像を絶するのだ。



一番最初に設置したバーゴラ風のアーチ。  ここは人気の【ピエール•ドウ•ロンサール】が絡む。

東へのアプローチ

東へのアプローチ

この入り口から奥庭へのアプローチは失敗であった。何故かというとあまりにも直線的で、奥行きを

感じさせることが出来ない。アールのロックウオールの小さな出っ張りしか出来なかった。



アプローチ

アプローチ

奥庭から入り口を望む。アプローチ先は取り壊す予定のアパートがある。現在はその一部が

取り壊されている。

この時期の植栽は決まった方向性もないのでなんでもかんでもだ。室外機の横にわ「なす」も。


アプローチのお化粧

乱刑の仮置き

乱刑石の仮置き

これは絶対やりたかった乱形の石貼りで、人しか歩かないので、コンクリートを引がず

粉砕石を踏み固めたうえに乗せ、目地にコンクリートを入れ固定させた。

このほうが、水平や勾配が簡単に出せ、後のやり直しも簡単だ。これ素人工法のいいところ。



ホスタ

ホスタ

庭の一角にシェードガーデンが形成されている。



乱形石のアプローチも完成した2007年12月の姿。

この年最後の絵

二台目のバラのアーチを設置。これは【つるアイスバーク】が白い花を咲かせる。



2機のアーチ

これで一年目のガーデニングを終えた。


唐突ですががびっくりしないで下さい。昨日28日が命日の愛猫だった「ミャー」です。

ミャーちゃん

彼女は、17年前、私の父の葬儀会葬の時、ゴミ置き場に 紙袋に入れられていて、収集寸前に子供が拾い、蚤だらけの体を毎日私がシャンプーしてあげ、育てた猫なのです。親父の生返りだと、飼わざる得なかったのです。とてつもなく利口な子でした。そして平成17年12月28日不慮の死を遂げたのです。7歳でした。
            


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ガーデニングはここから始まった

2006年家の建設が始まった。同年、12月年の瀬に入居。

2007年『まぶさんのガーデニング』がスタートした。

設計図もなく、コニファーと芝のあるナチュラルガーデンをと

支離滅裂で漠然としたイメージだけで始まった。庭造り。

最初は瓦礫や根っこと格闘しながら、休日のほとんどを庭造りに

費やすこととなる。そんな8年間のカーデニングの記録を段階的にブログ掲載します。

新鮮な多肉情報も乏しいこの時期。興味がありましたら、回想録を覗いてみて下さい。



ここから始まる
鉄骨が組まれた時の庭の状況。

南面に位置するが、境界が定まらぬままの時に建った隣家は、現在建物の一部が当方の敷地に

越境しており、西側斜面も境界空き地も建築基準にあてはまらない状態にあり、冬の日照は

極めて劣悪である。これが今後のガーデニングにも多肉植物を育てるにも支障をきたすので

あります。


東面
荒れ地
隣家のエアコンも物置も窓格子も越境している。物置以外は既得権で容認せざるを得ない。物置は後移動。


南面
根っこだらけ
保護樹林の【椎の木】があった後は、大きな根が沢山あって掘り起こすのが大変だった。

庭造りの為の整地も終え、暖かくなった5月頃から本格的な『まぶさんのガーデニング』が

スタートするのです。

これから先は、不定期連載でアップしてきます。

家は自分で造れなかったので、庭はすべてを自前でやりたかった。それ故、道具も揃えなければ

ならないし、解らないことも多い。そこで大変役に立つたのがブロガーさんのハウツー記事で、

これに大変助けられた。そんな意味でも、少しでもお役立てできればと、このブログに

掲載することとしました。今回はここまでとします。結構写真の剪定とコラムに時間がかかります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

冬の庭にも春が来る


冬の庭にカメラを向けることは少ない。いつでも笑顔を見せてくれる多肉ばかりと

遊んで自分がいる。年始に向け庭の落ち葉を片付けていると、「水仙」や「ムスカリ」

の芽が寒空を覗いている。春への始動がみえる。

目を楽しませてくれた「つるバラ」達の枝は暴れたまま、冬の剪定を待っている。

今度はどのように誘引するか思いに耽るのも冬のバラの楽しみでもある。


冬の庭
手前の【ピエール•ドウ•ロンサール】と奥のアーチ【つるアイスバーク】またその奥に
【つるジョセフィン•ブルース】【スパニッシュ•ビューティ】が剪定を待つ。


我が家の庭のピークを迎えるのが5月。バラの咲き誇る庭を夢見て8年、200種を超える

植栽をしてきたが。環境に適合せず消えてしまったものも多い。

“まぶさんのガーデニング”は8年目を迎える庭の移り変わり、更地からの庭造りや出来事を

多肉遊びとともに、語り綴ることができたらと思う。



2013年の庭
一昨年のバラの咲く様子。まだまだ理想の姿にはほど遠い。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

冬に咲く【花筏】と魅惑の爪


花の少ない冬に咲く「花筏」がいる、「リタ」も花芽をみせてきている。

多肉の花は一年中、誰かが咲いている。日が長くなるにつれ、あちらこちらで

花芽があがってくるだろう。積むのか、咲かすのか、これもまた悩ましい。

マイガーデンで最初に花を見せてくれるのは「スノードロップ」でクリスマス

ローズがその後に続く。今、たった120円の「花筏」が僕を喜ばしてくれる。

花筏の花
葉はぼろぼろでお見せ出来ない状態なのに華麗な花が愛おしい。

多肉達の葉先も怪しげで、妖艶な姿を魅せいている。マクロで見ると別世界の表情だ。



少しマクロで遊んでみた。(CANON MACRO LENS EF 100mm 1:2.8L IS USM)

爪5
【野ばらの精】


爪4
【桃太郎】


爪3
【大和錦】


爪2
【相府蓮交配種】 きれいなグラデーション。


爪1
【魅惑の月】


爪6
【はなうらら】4つある内、一番大きな、はなうららの頂上部


爪8
これも【桃太郎】はなうららと見分けがつかない。血縁にあるから当然かも


爪7
【プレリンゼ】


これが最後だが、クリスマスが終わったのでアップした。

一昨日、百均で求めた、木のバケツ。昭和前半の方はご存知であろう。思わず、この

絵柄を作ってしまた。中国製で「木製バケツ」とあるが、あまりにも樽型である。

もっとも、本物の取っては縄なのだから、これはバケツなのであろう。

実物をご覧になりたい方は、「江戸東京博物館」にあり、担いでみることが出来る。

このままでは使いたくないのでいじくってみよう。

木のバケツ
臭うような絵ですいませんでした。オルゴールのモデルさん、ごめんなさい。


おまけ
江戸博物館より


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

続きを読む

世界一小さな多肉の寄せ植え

タイトル詐欺にならぬよう、ネット検索するも「世界でたった一つの○○」の記載は

あるも「世界一小さな寄せ植え」はなかったし、ギネスブックにもこのお題はないでしょう。

前記ブログで紹介した手作りのトタンポットに寄せ植えをしてみた。邪道な遊びである。

器には、砂を入れ一応育つ環境を満たしたが、春になれば、即根詰まりするだろう。

まあこれでどこまで成長するか見守りたい。

極小寄せ植え
葉挿し苗で根が出ているものを植栽。「白牡丹」「虹の玉」「ブレビフォリウム」の3点


早速、多肉スタジオで遊んでみた。

これだけ小さいとどこあるのかwakaranai。面白くもない。みます?

多肉スタジオで
いもとの番組みたいに、「わたしはどこにいるでしょー」状態


置く場所間違った。ドア開けないで。それより、メリークリスマス!!!
リースは正月用に替えなきゃ。まだ、作ってない。市販のものはデカイし。

ドアの前
ここならわかります。でも玄関前に置くには小さくてバランスが悪い。置くほどのものでないし。

ここならどうだろうと、色々配置をかえて。

傘の横の寄せ植え
押しピンの電球と大きさ勝負。


このカットいいな。背景のエイジングもいいなと自画自賛。

小窓にて
小窓の下に配置。


大窓で
大窓の脇で記念撮影。ガラスの代わりにプラ板が入いつています。隙間風がはいります。

ここらで分かりやすいものと比較する


ガラゲーと
ガラゲーおじさんなのであります。昭和の人はこれが一番。

もっと分かりやすいのがこれ。しっかり底もある。排水性もある。

一円比較


最後に、もうワンカット

極小寄植B

ずらずら、お粗末でした。


追記:今日(日が替わってるが)母の見舞いの帰り、オゼキフラーワーパークに寄ったら、
   先週無かった、ピーコッキー プラチナドレスが入荷していた。持ってないので即買。
   白い粉をふいたブルーグリーンが美しい、綺麗なロゼット状を形成しとる。

プラチナドレス
これは、室内撮りで、太陽光で撮ってあげたい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

冬至超え多肉喜ぶ春の音

一昨日、冬至で、やっと日長に転じたのは多肉にとってありがたい。でも、

寒さはこれから本番。お天気予報官の話によると、真冬とは1月20から

2月のことらしい。そうはいっても、今年の12月は真冬だ。多肉愛好家

にとっては気の抜けぬ冬の日が続く。北に住まいの方々は大変だろう。

この時期、我が家の南に接するウッドデッキは、午前中1•2時間しか陽が

当たらない。で、午後の晴れた日は二階のベランダに移動し日光浴となる。

ただし、200株以上の多肉全部とはいかない。半数しか恩恵を受けない。

同じ品種でも陽を浴びたものは紅葉し、日陰育ちは青々しているままだ。

紅葉するのは、訳があるのだろう。研究者でないから紅葉を楽しめばいい。

紅葉するのは多肉にとって冬を乗り切る必要条件だと思うので助けてあげよう。

紅葉し、色こくなって冬の弱い太陽熱を少しでも吸収しようとしているのかも

冬、下葉が枯れるのは何故だろう。ほっとけばいい。自らを乾かし身を包み

寒さを凌んでいるのであろう。だから取らないし衣を濡らしたらかわいそうだ。

多肉の水やりは夏も冬も本当に難しい。多肉に聞いてもほとんど知らんぷり。

冬眠中は水を控えるといわれても、誰がいつ、冬眠したのか分からない。

多肉は自身の水分量を控えて、凍てつく冬に備えるのだと解っていても、

暖房の効いた室内で育ててる場合、全く水を与えなければ干涸びるだろう。

多肉一年生の私は、多肉を長く育てているブロガーさんを参考に多肉と会話

しながら寒い冬を一人の脱落者もないよう手助けし乗り越えます。

東京が氷点下になるのは少ないので比較的冬越しは楽だと思います。

関町にある園芸店の多肉売場は、今年から雨ざらしの外ですので参考になるかも。

ブロガーさんの育ている環境は重要な情報です。プロフィールに是非、都道府県

だけでもいいので記載して下さい。地方エリアでもいい。


陽を浴び、嬉しそうな一部の多肉達。

日光浴中
【一太郎】と【花うらら】にかこまれ花芽があがっつてきた【リタ】

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ブルーラグーンを保育器に避難

今年2月に葉挿しの、パキフィッツム属、【ブルーラグーン】であります。三千円位で売られている

オランダからの輸入株は見かけるが、小さなポット苗を見た事がない。確かに、10ヶ月でこれだから

コマーシャルベースになりにくいのか、日本の生育環境に合わないのかネットでもあまりみかけない。

私が知らないだけかも。そんなことで、日本生まれの多肉を親としないので、寒さにどうなのか不安で、

保育器に避難させました。

訂正、保育器でなく水槽です。もう一つ訂正、前記で「葉押し」は「葉挿し」の過ちでした。

過ちは潔く認め直ぐ訂正し謝りましょう。ごめんなさい。ナッツは嫌いです。

同じ時期葉挿ししたスペルベムは親と同じ姿なのにブルーラグーンはこの状態で親を言い当てるのは

不可能で、比較しても育ちが遅い。最も、生育が早く丈夫な株はたくさん流通し廉価だからね。


保育器でなく水槽に避難した【ブルーラグーン】と【スペルベム】

水槽の葉挿し子

上から覗くと育ち方がこんなに違う。

上から覗く
元葉がまだこんなにプリプリ、ということは水分補給はいいの、と多肉に聞いてます。
返事がないけど、そう解釈しちゃいます。元葉が枯れたら水あげるよ。会話しながら育てます。

マクロのいいとこは拡大して観察できること。めっきり衰えてきた目には、大変助けられる。
ボタン電池や時計の裏蓋に書かれた極小文字もこれが本当に役に立つ。感謝、感謝。

ー 水タンクを抱えるブルーラグーンの赤ちゃん ー
マクロで観察
肉眼だと見落とすシワシワサイン(水くれ)もこれでわかることも、ダニ発見も。
顕微鏡まで使う人もいるもんね。絵文字で笑い‥‥ 😀  ぼけやがって!


今日のスペルベム親株は白粉で薄化粧。    濃い化粧は嫌いだー

スペルベム
「さわらないでよ!化粧がとれるから」と、うちの嫁みたいなこと言ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

多肉をいじり、100均をいじる

多肉植物の面白さは、雑貨や容器のコーディネートが楽しめること。上手、下手関係なく

リメイクした容器やアクセサリーが似合うのです。この辺が他の植物と異なり、スペースの

大小を選ばない遊びをもたらしてくれる。

そこでのお役立ちは100円ショップの品々であります。そのままではチープな100均

グッズもちょっとリメイクしたり、木工工作に合わせることでオンリーワンな一品が生まれる。

一番は、木や鉄素材の容器などは、多肉植物の成長と共に経年変化していくことの面白さ。

ブリキ容器や素焼き鉢もちょっといじる。でも、経年劣化しない。

100均ポット
壁掛けポットの白色塗料(ペレル)を一度塗り、乾かない前に砂をぶっかけ、乾いて定着したら
そのうえにもう一度塗りし完成。下地色を変えてあげれば変化を楽しめる。

これは茶色の素焼き鉢。20個位買ったが現在見かけない。

鉢とシール
定番の白塗りにリメイク缶で人気のシールをはる。貼ることで無表情な鉢面が賑やかだ。
チワワエンシスも嬉しそう。‥‥自己満足でいいーんです。
【注意】100均の素焼き鉢は底面がフラットなものが多いから、塗ったら、蒸れに注意。

無味乾燥なブリキ缶も。

ブリキポット
前記同様ペンキと砂の加工。

人気の高い「熊童子」は、なんでゴミ箱に入いつているのかと聞いてます。似合っているよ。

ブリキのゴミ入れ
板金用フラックスを塗り、錆を促進させる。自然に錆びていくのが、多肉の成長とたえずシンクロし
楽しいのです。塗るリメイク缶だと、多肉のみ変化し容器は時が止まったままなので好きじゃない。


ダイソーのバケツは。

バケツと木工
木工品との組み合わせで多肉容器にする。前つらに100均の金具を貼付けアクセント。
容器は立てて使う決まりはないのです。

トタン遊びにも100均のアレが。

トタンのランプ


最後のお気に入りの100均パーツ。
トタン電球がこの50本入りの丸ピンです。数学的に一個2円だ。

100均パーツ
写真上の丸いのが「くるみボタン」で最初電球の傘に使いました。
左上の金具2点は上下反対だよ、まぶさん。   ごめんなさい。


参加しました。
クリックお願い。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

多肉の交配種て誰

多肉のラベルに○○交配種と書かれているものを見かける。私も2つ3つ所有しているのだ。

【ラウリンゼ交配種】【魅惑の月交配種】【相府蓮交配種】で多肉を始めた頃、安価で好みの形

だったから。その後多肉植物を多く扱うお店をまわり、ラウリンゼと魅惑の月とラベルの付く

多肉を入手してた、今日、改めてそのことを考えてみた。交配種表記は未命名種なのだろうと。

今、流通している多肉のほとんどが高温多湿の日本向く改良品種であろうと思うし、いろいろな

レベルの人たちが交配、量産をしてきた結果、多肉の種類は1万とも2万種以上ともいわれて

専門家でもわからない実態不明の状況を生み出している、希有な植物である。実際ラベルを

なくすと見分け困難な植物でもある。原種を手に入れるのも、なかなか難しいようだ。


人気の【ラウリンゼ】4鉢。

ラウリンゼ比較
ラウリンゼも「ラウイ」と「リンゼアナ」の交配種でネット情報ではリンゼアナを片親とするものに
「チワワエンシス、プレリンゼ、桃太郎」とあり、「チワワエンシス」×「リンゼアナ」=チワワリンゼ
 =桃太郎、「プリドニス」×「リンゼアナ」=プレリンゼ、「花うらら」×「リンゼアナ」=
 プレリンゼ。そして、川口市グリーンセンターは「原種プリドニス(花うらら)」とあり、ネット上
 大混乱なのであり、私の頭もパニックだ。又、同じモノが呼称が複数名だったり、体系的に整理が
 必要だ。

拡大して類以点を見つけよう。本当は、専門家ではないなら、好みで収集すればいいだけなのだけどね。

ラウリンゼ交配種
【ラウリンゼ交配種】とはラウリンゼと何を交配したものなのでしょう。形は緑で白さがありません。
形はバランスもよくグッド。


ラウリンゼプラ鉢
葉数に少なく、形も良くないけど、「ラウイ」の白さが出ている。オゼキフラワーパーク産で258円
ラウリンゼはラウイの白い容姿とリンゼアナの先端の赤みのある粉を帯びさせた、繁殖を容易にさせた
改良種と理解した。


ラウリンゼ西武屋上
これは、池袋西武屋上で入手したもの。800円だった。こりゃ高いか、安いかは個人の価値観だね。


ラウリンゼ単品
オゼキフラワーパーク産。550円、いまでは大きく、一番のべっぴんさん。


もう一つは最近オゼキFPで入手した「魅惑の月」と前に入手の「魅惑の月交配種」
どっちがどっちの説明はいらないね。ちなみに交配種は258円で本物?は650円だった。


魅惑の月

魅惑の月交配種


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

多肉ブームとぽっちゃり芸人の関係

サボテンも多肉植物だけど、今あまり人気がない、しかし

とげのない多肉はブームのようだ。ふっくらした多肉人気、

最近目にするぶっくりした芸人人気。周知のことだから例

えると森山中、ナオミ、可奈子、バビー、他水トアナ、

マツコさん、そこに共通するものはあるのだろうか。多肉

の文字を単純に訳すると、【肉が多い】で人か植物なのか

判らない。小学生に聞いたら、たぶんデブのこと?ていう

のかな。多肉愛好家の女子が多肉なのかはわかりませんが、

機会があったら多肉植物売り場の前に一日張り付いて検証し

てみるか。でも、それほどの価値はないと思うからやめた。

確かに、多肉植物は葉や茎にタップリ水分を蓄え、パキフィ

ッツム属はふっつくらした容姿が人気である。又、最も種類

が多く流通するエケベリア属の、ロゼット状の葉は薔薇のよ

うな優美さはないが、可愛いいのです。美しいものには刺が

ある薔薇と違い、今人気の多肉にはとげもなく愛らしいのです。

結論を急いで言えば、多肉植物は気軽に楽しめ、庶民的でいじ

りやすいのかも。

今回はあえて写真を掲載しませんよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
111位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。