スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ekeekeさんの多肉元気ですよ


アノ騒ぎ?からはや10日あまり、Bee houseさんのBlogは暫しお休みとのこと

朝3時起きで多肉の受粉交配にと、多肉を愛する人の為に頑張っておられます。

ekeekeファンとして、今の時期はそちらに専念させてあげたいと思います。

自分も幸いにBee houseさんの育てた多肉を迎えることが出来ましたので

今日元気な姿をお見せできたらと記事にしました。今日の庭の様子とともに

ご覧下さい。先般の植木市で買われたブロガーさん、手元にある元気な姿を

Blogで見せて下さい。えー、無理。転売したのであればしょうがないけどね。

4•5年も手塩にかけて育て上げた生産者の気持ちを愚弄する転売目的の購入は

今後ご遠慮願いたいものであります。

今日はあの嫌な虫が多肉によじ登ってた。今の時期、皆様お気をつけ下さい。

それと昨日の記事でウオーターメロンはウオーターマッシュルームの間違いを

ここに訂正させていただきます。


我が家の「Bee house 6」です。

Bee house 6

2時間並んでやっと買えた6人衆は最後の最後のものでしたが、どれもekeekeさんの

愛情がこもったものでした。10日で少し大きくなった感じです。


メキシカン×pg

♀メキシカンと♂PGの交配  PGはなんの略か知りたい。


クラウン

♀シリウスと♂堀コロの交配 「クラウン」


スパルタン

♀コロラータと♂パープルエボニーの交配 「スパルタン」


クリスラータコロ


♀コロラータと♂クリスマス 「クリスラータ」


クリスラータ

♀リンゼアナとクリスマス 「クリスラータ」? クリスリンゼ?

エボラータ


♀エボニーと♂コロラータ  「エボラータ」

と、Bee houseさんの多肉は交配の両親が明記されているのでした。名も無く販売される

多肉もあるのに、これは素晴らしいことです。市販のほとんどが○○交配種の片親表記

や、間違った名前で流通したり、名も無く売られているものも少なくないのです。

故に、ekeekeさんのBlogに交配の♀♂の親画像を見たいので、Blog再開を待ちたいと思います。



去年258円だった我が家の「プレリンゼ」もなかなか頑張っているのだが

プレリンゼ美人さん

そこそこいい感じに色づいているのはこの子だけでして、他の二つは同じものかと思う

疑惑の多肉。これも多肉の面白さ、奥の深さ、育ちの違いとか色々事情があるのでしょう。

育てやすい多肉だが、形良く、コンパクトに枯らさず育て上げる奥義も多肉ならだ。

プレリンゼ同期

これも2号ポットの「プレリンゼ」で上のものと同期生であります。

サイズ違いの「プレリンゼ」同じ名前のものを複数持って比較育成するのも

多肉の面白さなのか。

プレリンゼ比較


今年は消えた「チワワエンシス」昨年258円で7つお迎えした。

その7人衆は皆このようにピンクの葉姿は緑一色になっている。

チワワ


ほとんどの多肉が緑化してきている中でまだピンクに輝く多肉もいます。

花urara

数ある「花うらら」の優等生なのであろうか、このように育てるコツがわからない。


そして今日も「スパニッシュビューティ」が満開を迎えようとしています

ウッ鳥

鳥さんも見上げて「うっとり」なのであります。


多肉に負けない美しい植物に名を与えたい、それは「美葉」

曙

ホスタ「曙」植栽した二株から増えてくれません。一番増えてほしいのに。



ノーザンイクスポー

大型のホスタ「ノーザン イクスポー」2012年3株植えたが2株消えた。

ホスタがなくなることはあまりない事なのだが、縁がなかっただけなのか。と、諦める。



庭での楽しみに、こんなものもある。30センチ近づいてみる自分流の楽しみです。

長く、手を入れずにしていた鉢植えから思わぬ風景を見ることがある。

鉢

ペーパーミント等を植えていたハーブの鉢にはいつの日か苔も生え

鉢の苔

その苔が広がり、、、、、近づいて見ると美しい

鉢の風景

そこに原生林の光景があった。

、、、、、、、、、、、、、そしてまた今日、、、、

、、、、、、、、見たくない光景を目にした、、、、、、、

、、、、、、、、、


、、、、、、、、、、

、、、、、


、、、


、、





よとうむし

薔薇の下に置いた「花うらら」によじ登っている此奴「夜盗虫」よとうがの幼虫で

このサイズのものは地中で年を越した老熟した幼虫というそうだ。

幼虫が老熟とは妙なものと思うが、蛾の幼虫が一年を経て老熟したものと解釈すれば

納得。昼 地中にいて夜になると活動するそうだが、日中に補足した。

なんでも食らうそうだから、多肉愛好家の皆様も食害に、ご注意あれ。

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この時期見たくない画像があります


今日から長い人は12日間のゴールデンウィークに入いったようですね。

自分はゴールデンイヤーでありますので、込み合うこの時期の遠出は控えます。

それより、我が家の庭がゴールデンウイークを迎えるのであります。

5月の声を聞く頃から薔薇の見頃になるのであります。

1〜2輪咲き始めたそんな庭の様子をまとまりなくお届けします。

記事、最終ページにショッキングな画像がありますので、虫嫌いな方は

ご注意下さい。


多肉同様葉っぱを楽しむ図柄が庭にも一杯ころがっています。こんなさり気なさが好きです

アシュガ

ランナーを出してあちこちに顔を出すアシュガは日陰の庭の必需品です。

群生して紫の花を咲かせるのもいいです。


ウオーター?

ウオーターマッシュルーム池の縁に植栽したものが、地下茎で広がり、庭のあちらこちらに

出没します。


アヤメ科の小型のシャガが植栽3年目、可憐な花を咲かせています。

アメリカ姫シャガ

東京郊外立川の園芸店から見つけた「アメリカ姫シャガ」という品種です。


多肉以外にも葉の美しさが楽しめます。

フランシスウイリアムズ

ネットで取り寄せた「フランシスウイリアムズ」は大型のホスタで2012年に3株植栽


「ナルコラン」

ナルコラン

花よりも葉柄が美しくシェードガーデンに流れと明るさをもたらします。


ラミウム

ラミウム系はつる性で伸びるので誘引が必要になります。葉が大きく紋様が綺麗な

「ラミウム•ガレオブドロン」伸びながら根を出して行きます。


ヒューケラ

一般的なヒューケラですが緑の中に、この形と色合いが変化をもたらします。



薔薇の咲くこの時期、ジャスミンの香りが溢れます。

羽衣ジャスミン

「はごろもジャスミン」は薔薇と同時期に満開となります。

ジャスミン10

一株の鉢から、今や10メートルに及ぶ広がりになり困惑しています。

ほっておくと何処迄伸び広がるか恐怖でありす。今年はかなり剪定しました。


数年前の母の日にプレゼントしたクレマチス「ドクタールッペル」の蕾みが膨らんで

きました。薔薇の咲く時期は何故みんな一斉に咲くのでしょうか。

クレマチス


そして今日一輪咲かせた「スパニッシュビューティ」は香りのある薔薇です。

スパニッシュと多肉

スパニッシュとb

Bee houseさんの多肉も元気ですよ。

スパニッシュとラウ

スパニッシュは花持ちが良くなく、すぐ散ります。

スパニッシュと箱


ご近所さんからいただいた挿し木の「ロサ•ラェウイガー」

なにわいばら

和名「ナニワバラ」で2007年に挿し木したものが東面の庭一面に広がり

今年かなり強剪定をしました。とても生育力が強く放っとくとかなり厄介な

存在となります。



薔薇の楽しみは室内に飾り身近に楽しむことでしょう。

室内の薔薇


ここから先の記事は虫の嫌いな方は、ご遠慮なさったほうがよいでしょう。

     、
     、
     、
     、
     、

     、

     、

     、


     、



     、



     、
     


    
     、



 そろそろいいかな



 いいですか



 ここまで来たら見るきゃないでしょ



食害1


食害2

  現れたのは


   
  現れたのは



  「ピエール•ドウ•ロンサール」を食い散らしていたこいつ


食害3

  でした。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

今日、オザキフラワーパークにあったよ


オザキフラワーパークに沢山あったよ「ラウリンゼ」昨日見ないねーと書いたけど

ありました。人気の「桃太郎」(800円)も2個あった。土曜日に入荷があったみたいだね。

初めて見る多肉が沢山入荷していました。

トレーに空きが結構あったから、何があったのか分からないけど、人気種は

売れてしまったようだ。でも昨年から比べると2〜3割高くなっている。

粉をまとい青白く発色するのをみて、もう、買わないと言ってたのに買ってしもうた。


3点お買い上げ

「サブセシリス」(¥800)と「リナシナ」(¥1200)はお初だが「ラウリンゼ」

 (¥1000)は4個目のお買い上げになる。


ラウリンゼオザキ

昨日アップした我が家の2年目のラウリンゼと同じものとは思えない発色をしている。

入荷から日が経っていないので白粉がはげはげでなく程度がよい。

一度はげたらもうそこははげたままになってしまうからね。ひらがな多いね。

ラウリンゼ上から



初めて出会えた「サブセシリス」

サブセシリス

ちょっと荒れた形だけど、これしかなかったので買った。

サブセシリス上



これも、今迄出会いのなかった「リラシナ」3号サイズにやっと店頭で出会えた。

1200円だった。これは高いのか、安いのか、最近の多肉の適正価格はわからん。

リナシナ

自分の知っている「リナシナ」の葉は平たくスプーンのように中央部がくぼんでいるのだが

これは、ややスマートな葉をしている。

リラシナ上から



お待ちかねの薔薇の季節がやって参りました。

 これから、私が主役よと現れました。
アイスバーク初物

「つるアイスバーク」の一番花です。咲きはじめは花びらが密になるものも多く

 別品種かと思う多様性があります。

 「スパニッシュビューティー」や「つるオーレ」そして「ピエールドウロンサール」が

  一年に一度の晴れ舞台を迎えます。



昨日の製作物の続編です

ウッドパネル

まだ、未完成ですが、発根待ち棚の後ろに置いてみました。


それと、前記事のエイジング手法の掲載漏れがありましたのでご参照あれ

エイジング剤

「アンティークリキッド」という物で、こげ茶色の油性剤で汚すという感じです。
  (ドイト価格850円)

 買ってみたもののあまり減りません。、、、、、使ってないと言う事?



追記:昨日のBlog記事「多肉の紫外線の影響」は多くの方が関心をよせていただきましたが

説明不足と思い補足します。

紫外線が多肉の発色や色付き(紅葉)に影響するのは、生理学的根拠ではないのですが

自分の経験で直射日光の下で育てた多肉と、紫外線の90%以上カットされたものは

明らかに違いがあります。また、多肉のカリスマとされるブロガーさんの話でも

紫外線を遮るカーポートの下で育てていた多肉は色づかないと話されていました。

今後、文献などで科学的根拠を探りたいと思います。どなたかご存知でしたら

コメントいただけたら嬉しいです。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉と紫外線の影響度


今日はほとんどの多肉に水をあげたけど、Bee houseさんからゲットした

多肉には水をあげられなかった。今のギュとしまった形が崩れてしまうのでは

との思いからであります。いずれあげなければいけないけどもうちょっと我慢。

そして紫外線を少し浴びせようと移動した多肉は発色を増したようだ。


白い粉をまとい、青白く発色するするのが魅力であります。


ルヨンニー発色

確実に発色を増している「ルヨンニー」 値札は取ろうね

ラウリンゼ発色

人気の「ラウリンゼ」も発色を増している。昨年は出回っていたのに、今年は

見掛けない。

名不明発色

名の判らぬ子だけれども美しい。


ならばと緑の「桃太郎」二つも紫外線を浴びてもらうことにした。

桃太郎1

よそ様のBlogで拝見する「桃太郎」は綺麗なピンク色に染まっているのだが

うちの子はほとんど緑色で微かに葉先が色づく程度であります。

桃太郎2

野外で紫外線を浴びるとどうなるか壮大な実験が始まろうとしているのだ、と

いつもオーバートークなおっさんがいる。


今日の庭と、今日の作業中

山法師

地味だねー「山法師」の花はほとんど日の目を見ない。



ヒューケラ

風になびくヒューケラの花は華麗であります



クレマチス

「つるアイスバーク」に絡むクレマチスはこのつる薔薇より一足先に花を咲かせている。



子持ち蓮華


「子持ち蓮華」をよく見た事ありますか?



製作途上


絵1


絵2

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉のアレンジBOXの着色について


アレンジBOXなのか多目的BOXという呼び方がいいのか判りませんが、

結果的に多様な使い方が出来るので自分の中では、「アレンジBOX」とします。

その木工品の着色について自分がやっている手法を紹介します。

自分が木工に使う木材は比較的廉価で手に入る杉材を様々な方法で加工します。


今も、様々なサイズのアレンジBOXを製作しています。

製作中

白木の状態を好みの色合いに仕上げます。

多肉は何故かエイジング(経年変化)の古びた感じのものと相性がよいので

カラフルなペイントを塗る事はしません。

塗ると言うより、着色材を木材に浸透させ時代感を出していきます、

着色材1

この英国製の水性着色剤を薄めて使用します。薄め度合いを変え、重ね塗りし濃淡をつけます。

真っ新な板も一瞬で年代ものとなり、素朴な風合いに仕上がります。

着色材2


そして、この着色剤を浸透させたモノに水性ペイントを重ね塗ると、

新作1

今日の新作です。どこでも置けるパネル仕様です。

下地の着色剤と上から塗ったペンキが混ざり意外性のある色合いが生まれます。

新作2

新作3


高質感をだす方法

これは天然の蜜蝋の入ったワックスで英国の無垢材の家具に多く使用される浸透性の油性

ワックスです。磨くことで艶のある輝きと硬度を保ちます。
 

高質感

濃いめのジャコビンを白木の状態に塗り込んだものす。

浸透性のモノは素材の持つ色合いにより仕上がりが異なります。


高質感焼き

さらに濃い仕上げにする為、下地に下記のバーナーで炙り濃く仕上げたものです。



炙り加工

いつも焼き鳥を炙っているバーナーで焼きます。焼き杉ですね。焼き加減で

色々な表情が出ます。ペンキで塗ったモノを炙ると味のあるもの仕上がります。



最後は薔薇を待つ今日の庭です。

薔薇直前3

多肉と違い薔薇の素晴らしさを体感出来るのは花が咲いている時期だけなのです。

薔薇直前4


「ブベッセンス」は薔薇より一足早く花を咲かせます。

ブベッセンス


では、近々の満開の薔薇をお楽しみに。

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

我が家のビオトープ


昨日はつまらぬアラ還夫婦画像に来ていただいて申し訳ございませんでした。

今日はガーデニングの記事でまとめました。

我が家の「ビオトープ」造語らしく意味は生物の生息空間だそうです。

簡単にいえば“池”ですね。庭の池は子供の頃からの夢でした。小さな池でも

メンテナンスを怠るとドブ池になってしまうのであります。

今はもう井戸もないので、水源の確保も大変です。水道水はカルキ抜きをせねばならず

流れのない池は水も腐りやすいのです。

それでもマイガーデンに池は必須なものなのです。蛍がくる事はないけど

水音のある庭は癒しなのです。

池

幅60センチ、奥行き30センチの小さな成型池です。

池真上から

このサイズですから鯉など飼えるわけがなく、メダカ池となって10匹程います。

この小さな池にいろいろ工夫を凝らしました。

その一つ

一つの装置で、水の流れと水の濾過そして水音をつくる。

つぼからの流れ

噴水用の小型水中ポンプを使いつぼからの流れをつくっている。

トタン板で受けを作り水音を調整している。もう少し工夫が必要であります。

水音

水中ポンプに濾過機能がないので、つぼの中に濾過材を入れている。

時々、水中ポンプのフィルターを掃除しないと水量が低下してしまう。

水中ポンプの回りに濾過材を巻き付けるとよさそうである。


その2は水源の確保であります。

水源の確保


左奥に設置した雨水タンク(80リットル)を水源にする

エアコンカバーの前

開閉式の扉の奥に雨水タンクがある

開閉式

蛇腹ホースで水を振り分ける。普段は池への水路へ

池への水路

毎度おなじみの廃トタン材で水路が引かれている。

池の段差

池や給水タンクは段差があるので、排水も効率がいいのです。

池からの景観

トクサや水辺の植物なども植えて楽しめる。野鳥の水浴びの場にもなっているし、

飛来するトンボがヤゴを生むのも夢でない。おっ、メダカが食われる?



そして我が家の庭は薔薇の満開へのカウントダウンが始まりました。

一番手は黄木香薔薇です。窓の映り込む姿にハッとしました。

窓に映り込む

明日からは薔薇とシェードな庭の記事が多くなりそうです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

今日は水元公園へお出かけ


訪れてくれてご免なさい。今日は小菅の法務局へ行く用があってね

かみさんと行ったのよ。その足で金町のヨーカ堂でお昼を買って水元公園に。

うちの庭より広い公園でランチをとって、クチボソかタナゴ狙いで釣り糸を

垂れきたよ。釣れなかつたけど。そんなわけでガーデニングに関係ない

更新になってしまいました。みてもしょうもない画像をアップです。

かみさん


わたし

夕暮れの水元公園中央広場
中央広場

昨日「通りすがりの多肉好き」の方から、品種名の表記に誤りのご指摘を頂戴しました。

「霧の明日」は「霜の明日」の間違いでした。他にも記事中の誤字脱字ご容赦願います。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

まぶさんのBlogテーマ完成


Bee houseさんの多肉が我が家にやってきてから、多肉買いは打ち止めになりそうだ

今迄買っていたのは何だったんだろう。肉厚の葉を持つ植物を闇雲に買っていたようだ。

でも、それはそれで結構楽しませてくれた。この一年でウッドデッキの上は賑やかになり

毎日楽しい時間を過ごさせてくれる場となっています。

今日の状況を色々な角度から撮りましたので、見てやってください。

撮った順に展開します

デッキ上1

多肉に出会い沢山の手作り雑貨が生まれました。

デッキ上2

最近はお絵描きまでしています

デッキ上3

天使の置物はついつい買ってしまいます

デッキ上4

アレンジBOXはいろいろなサイズで作りましたね

デッキ上5

Bee houseさん専用のBee BOX

デッキ上6

ニトリで買った一輪車と白牡丹葉挿し1年生

デッキ上7

12個入りのアレンジBOX  Natural Gardenはフリー素材からいただきました

でっき8

木製プランターの寄せ植え  エイジングしています。ネームプレートは100均もの

デッキ上9

デジタル温度計とサイクルは購入しました

デッキ上10

ドールハウスみたいのも作り、はしごも空間演出に

デッキ上11

2カップルのめだかちゃんの営みを覗いています

デッキ上12

日当りのない棚下は挿し葉の芽吹き、根出し待ち置き場に

デッキ上13

二部屋からの出入りが出来ます。

デッキ上14

ここが外から覗くと外が見える窓であります

デッキ上15

多肉も庭も望める癒しの空間であります

デッキ上16

最近は陽気もいいのでランチの場所になっています

デッキ上17


デッキ上18

ちょっと上から覗いてみました


デッキ上19


デッキ上20



後10日もすれば薔薇が満開になります


アーチ2

満開の薔薇の咲く頃、ここでオープンガーデンします

アーチ1



昨日の「」はコナカイガラムシに吸い尽くされ瀕死状態です

ミント無惨

一か八かのカットで再起をはかってみます

切り込む

最後に見たくない絵になってごめんなさい



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉の信号管理と新作


Bee houseさんの多肉を手にしてから、今迄育ててきた多肉達が急に

愛おしい存在になってきた。何故かというと、4.5年に渡り育てあげた

Bee house産の素晴らしい苗に出会い感銘したからであります。どんな多肉であれ

我が家に迎えた以上、どの子も大事に育てる気持ちが強くなりました。

一年半で200以上程になった多肉を一つ一つ手に取り、生育状況を確認するようになりました。

そこで思いついたのが『多肉の信号管理』であります。

トタンの信号

一年間でだめにしてしまった多肉は4〜5株ほどでしたが、危なくなったり、回復しつつ

ある多肉など症状はさまざまであります。

メモを置く等大変なので、50個入り100円で手に入る、カラーの丸ピンを使います。

赤はオペが必要

アイリッシュミント赤

丁度、一年前に購入の「アイリッシュミント」は何らかの手当が必要な状態です。

今日よく観察すると、株元にカイガラムシとおぼしきものにやられています。

問題箇所

明日、オペします。


黄色は様子見の状態

ドップラー黄

回復中であるけど経過観察が必要な「ドップラー」です。成長点の動きが

弱い感じです。根の状態を確認したほうが良さそうです。


青は回復したが保護観察中

青い渚

「青い渚」で、去年の夏かなりダメージをうけ、秋から回復しました。


白は植え替え直後で水やり待機中

プロリフェラ植え替え直後

「プロリフェラ」で水を与えたら白ピンを取ります。


透明は発根待ち

イリア発根待ち

「イリア」のカット苗で発根前に土に挿し置いたものです。発根を待ち水やりします。


  など、丸ピンの使用Exです。参考にアレンジしてみて下さい。



今日の作業です。

ファンクイーン作業前

前回チョンパした「ファンクイーン」のもう一方をチョンパします。


チョンパしました

チョンパした

「ファンクイーン」の茎は綺麗なピンク色が特徴です。

ファンクイーンチョンパ後


チョンパした下葉数枚をむしり、前回同様に芽出し、発根を待ちます。

葉挿し待ち


チョンパの穂は発根待ちハンモックへ置きます。

発根ハンモックへ

挿し穂なのでラベルなど付けなくても品種名はわかりますが、カットした日付が

判るようにしたいと思います。

管理ラベル

札を10ぐらいチョキンして使います


発根ハンモック

発根ハンモックも一杯になってきました。他の吊り籠からは発根も見られます

発根中



最後は今日の注目の多肉です

雨ざらしの「朧月」の寄せ込み鉢です

朧月の雨ざらし

寄せ植えとはいえないので寄せ込みです


朧月上から


一緒に投げ込んだ葉からも元気な子が育っていました。

初恋

「初恋」や

千代田の松

「千代田の松」や

 ブロンズ姫

「ブロンズ姫」が輝いていました。ポット管理苗よりずっと元気なのは

 雨ざらし効果なのか。


もう一つ注目の多肉は昨年2月に葉挿しした「ブルーラグーン」は4月中旬に発根、

秋口になりやっと発芽。その後ゆっくり成長し、ここ最近急成長しています。


1/3個目の「ブルーラグーン」はウォーターマークのようなのを見せ急速に成長。

 予備タンクは枯れ落ちました。(予備タンク=挿し葉)

葉挿しのブルーラグーン


2/3個目の「ブルーラグーン」も成長。パキフィッム属は白粉がいい感じですね。



ブルーラグーン2

予備タンクはしぼみ始めています。



3/3個目はカイガラムシの影響か生育が遅れていたが、ここに来て成長が見える。

ブルーラグーン3

まだパンパンの予備タンクを抱えたままであります。

このパキフィツム属「ブルーラグーン」は海外(メキシコ?)からの直輸入品かと思われ、

今年は流通株を見る事がありません。



沢山、葉挿しした「朧月」と「白牡丹」は葉挿し入門に最適です。

朧月

この「朧月」は食用にもなるのでどんどん増やすかは、味見してからでしょう。



クローンの繁殖が容易な「白牡丹」は安価で流通しています。あまり人気がない

ようですが自分は好きです。

白牡丹


もう一つ撮ったので

魅惑の月

「魅惑の月」でした。


新作のトタンアート細工です

新作キャンドルスタンドと照明ピックを16個ほど追加生産しました。

トタン細工

キャンドルのローソクが眠っていたので作ってみました。

トタン細工2

照明ピックはトタンの凸加工が簡単に出来る方法が見つかったので量産できました。

トタン細工5

電球はクリアの丸ピンを使用します。

トタン細工4

だいぶ賑やかになりました。解体屋根のトタン材はまだ沢山あるのですが

トタン板で作る作品のアイデアがみつかりません。

トタン細工3

照明ピック以外の製作記録は前記事にあります。


最後までのお付き合い、ありがとうございました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

Bee house VS 錦玉園 他プラ鉢


北区飛鳥山の植木市、Bee houseさんの多肉を買うの並んでいた2時間は

多肉愛好家の方と話す機会がもてた貴重な出会いの場でもありました。

ある方との会話のなかで、マンションのベランダで多肉を育てているのだが、

冬に寒さ対策で室内に取り込んだり、出したりで枯らしてしまったこと

なんで下葉が枯れ落ちてしまうのかや、水やりのことなどで会話がありました。

多肉で失敗するのがほとんど水やりによる根腐れだとおもうのです。それに少なからず

影響するのが容器と置き場所にあることが考えられます。

そこで、タイトルにしたのが多肉が販売されている容器について思ったことがありましたので

今回の記事とさせてもらいました。立証実験をしていませんのであしからず。


プラ鉢の比較画像です

鉢底の形状
プラ鉢の底

平面の場所の設置面
プラ鉢の設置面


左から2番目が、錦玉園さんで使用されているカネヤの2Yの2号白ポットです。

自分も最近ネットで取り寄せ使用しています。平坦な場所に置いても、

底の小さな4つの出っ張りが鉢底全体を持ち上げ空気の流れが大変良い。

ただし、苗用のビニールポットを入れて使用すると空気の流れが遮断される。

又、土を入れずに水を満水にして試すと、水が流れ出るまで30秒を要した。

このことから、ビニールポットとの併用は絶対に避けるべきでしょう。



三番目が北区の植木市でBee houseさんが使用されていたプラ鉢です。

鉢底の穴が沢山開いていて、一見通気性は良さそうなのですが、平面の場所に

置いた場合28ある穴のうち20の穴が塞がれてしまいます。

2Yポット同様ビニールポットを併用すると満水状態の水が抜けるのに10秒ほど

かかりました。少し早いのは中央の十字の突起が水の流れるスペースと

なっているからです。ただ、空気の流れを生むには不十分なものと思われます。

今回のものはビニールポットが入ったままで販売されていました。Bee housueさんは

今年の植え替えは不要と話されていましたが、根を崩さない様同サイズの鉢に植え直した

ほうがいいのかなと思います。HPで答えてくれるとうれしいです。


優劣については読まれた方の使用法によりますのでそれぞれご判断下さい。



4番目のスリットの鉢はそのまま2号鉢に入れても通気、水抜け等問題ありません、




一番注意しなければならないのが左の2.5号ポットで中型の多肉に使用され、

多くの園芸店で流通しています。鉢底穴は沢山開いているのですが、平坦な

場所に置いた場合、通気がほとんど遮断されるので注意が必要です。



いずれも容器形状からみた状況判断ですので参考にとどめて下さい。


多肉に関わらず植物にとって、本来の生育環境ででない、高温多湿の場所で

育てられる訳ですから、容器と置く環境はよく考えてあげたい。


陶器の鉢も

陶器の鉢


必要以上の大きな鉢は湿った状態を長くするのでプラ鉢は特に注意が必要です。

素焼き等陶器の鉢もヨーロッパの製品やEU向けの鉢が多くありますが

底がフラットで通気がされない状態で置かれ、根腐れしてしまう危険性があります。

このような鉢は置き場所に工夫が必要です。

釈迦に説法なことずらずらごめんなさい。

自分も無意識に通気性の無い状態で置かれている状況に気がつき改善を

しました。

移動用の臨時置き場も

箱

通気性が保たれるよう鉢穴が塞がれないようすきまを開けたのだが

箱に

中央の列に問題があり

箱を

鉢底穴の位置に穴を開けました。

この四角の鉢は100円ショップのもので、鉢穴も小さく通気性は問題でした。

箱に並べ


この多段棚にも穴開けを

多段棚


ディスプレイBOXには

ディスプレイBOX

背後

空気の流れるダクトをもうけてあります


今日の多肉

枯れ枯れ回復

うちのかみさん、こういうのが好きなんです。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
168位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。