スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンギングと寄せ植え


日本列島、噴火や地震が起きていますが、これ以上規模が拡大しないことを

祈るだけですね。天に運を任すだけです。

さあ、多肉に癒されましょう。


理想とするハンギングになりました。

ハンギング

2年目の丸葉万年草です。


5号鉢の360度から見た寄せ植えです。

徒長した空間を丸葉万年草が取り繕ってくれています。

自分の寄せ植えは適当に植え、時間が経って暴れてきたら剪定したり、隙間を補ったりして

自然な感じや多肉の自主性を尊重して楽しんでいます。


寄せ植え1


寄せ植え2


寄せ植え3


寄せ植え4


寄せ植え5


そして手作りバードハウスと餌場が庭の飾りになっています

バードH1


バードH2


バードH3


バードH4


バードH5
これは購入品です

バード餌場


餌場


これは親切な表記なのでしょうか

札

今日は体調不良でコメント省略しています。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

寄植えの仕立て直しと、ととと


お出かけ中(貸し出し)から戻ってきたリメ缶の寄せ植えの手直しやら、

夜盗虫に食い散らされた箱植えの寄せ植えの多肉やら、生育期に入り

徒長したり、形がおかしくなったものなど多肉との付き合いは大変だ。

付き合ってまだ2年ではどうしていいのか解らない事がありすぎる。


3ヶ月ほど自分の手から離れ、久々に帰ってきた寄せ植えは穴だらけ。

リメ缶寄せ植え


カット苗のストックをアバウトに差し込み仕立て直しとした。

リメ缶寄せ植え仕立て直し



セダムの箱植えの中心に植えてあったものが夜盗中に食い荒らされて丸坊主になっていた。


箱植え剪定前2



手持ちのカット苗を仮置きしてみる。


箱植え仮置き


昨日の記事で⬇️の右はじの黒い多肉をクロマと書いたけどこれは古紫でした。ごめん。

仮置き



寄せ植えの体を成していない鉢植えにある「マーガレットレッピン」はお気に入りの多肉なのだが

今からチョンパして仕立て直して良いものなのか、秋にしたほうが良いのか悩む。関東の梅雨入りも

近いし。すでに夏日が続くし、やはり秋迄まつのがいいのかな。


徒長マーガレットレッピン



二年目のオゼキ産グラプトベリア属「アメトルム」  

夏色の緑だけど形はいいじゃん。。。。

アメトルム上部



でも、徒長しいるので仕立て直しが必要だ。。。。。

徒長アメトルム



買ったときは正に「紅娘」だった。今はあの赤い葉の美しさは失われている。

紅娘上部



買った当時の姿に仕立て直すのはどうするのだ。

葉の間隔もひらく徒長でテグスカットが必要もなくチョンパ出来る状態だ。


徒長紅娘




以下3点は我家の三者三様の「ラウリンゼ」


ラウリンゼ1


チワワエンシス同様新葉が古葉を押し下げられ、枯れ葉の更新がされるのか

ラウリンゼ2


このラウリンゼは成長途上なのか美形が保持されている。

エケベリアは生育限界(これ以上大きく成長しない)になると葉の更新をして

茎立ちしないロゼットの形状を維持していくのかと思ったりする。


ラウリンゼ3



「シャビアナ」も下葉が枯れてきたのは、葉の更新なのが、弱体の進行していく前兆なのか。

 下葉が枯れ葉が内に向かい丸まるのは生育休止(休眠)に入るのか。。。。

ベテランタニラーさんはご存知なことだと思うのですが。自分には体験学習中になります。

他のシャビアナ2点は既に下葉の枯れは止まり、葉は開き花芽を立ち上げている。

シャビアナ



昨日の記事で山鳩の件は昨年ここに示された場所に巣営したのです。


山鳩が



この巣営のおかげで、約一ヶ月のあいだ驚くので庭に出るのが憚るのでした。特に抱卵中は気を使うのです。

この位の頃になると覗き込んでも大丈夫になります。

巣営中


クレマチスの花後に結実するこの形が好きです。

クレマチスの花後



ここでのランチも好きです。  バーナーで炙って香り付けし、あったかく召し上がります。

家の中で炙ると、かみさんに怒られます。

めし



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉の落下事故


今年も山鳩が巣作りの場所をどこにしようかとテラスの近くをペアでウロウロしてる。

去年はテラスの上の薔薇アーチに巣営され大変迷惑であった。今年はご遠慮いただきたいので

巣営の枯れ枝をかけ次第取り除き巣作りをさせないようにしている。

そして今日、その山鳩が造作の棚の上に置いてあった、ハートカズラの鉢を蹴落とした。

よって下においてあった2、3の鉢に直撃の被害があった。巣造りを邪魔した報復なのか。


被害にあったエケベリア「リタ」あおりでテーブルから落下したが幸いキズは浅かった。

リタ

この「リタ」と一緒に購入した「クロマ」も数ヶ月前に落下物にあって首を落としたのです。

クロマ1

 昨年4月購入直後のクロマ(オザキFP 850円)


首を落とした二つは今月発根したので2号ポットに植えた。

クロマ5


同じモノでも陽当たり条件の違いで発色が異なります。日照が少ないほど緑になるようだ。

クロマ6




葉を残さず茎だけのものから芽吹くものは少ないが、クロマはどんどん芽吹いて来る。


クロマ7

茎から発芽したものは、葉挿しより成長が早いけど発根しないので、そのまま大きく育てて

挿し穂にして発根させる。


発芽した新芽は以外と赤く美しいことを発見


発根を待つクロマの穂

テーブルの飾り穴が発根待ちの穂を挿して置くのに丁度よく、ディスプレイにもなる。


クロマ3


発根待ちの穂は給水が断たれ、結構紅葉する。

クロマ8



薔薇の終わった我家の庭は、ほとんど緑の園となる


アーチ


多肉も葉っぱ、庭も葉っぱ、葉っぱに楽しみをもててよかったよーー。


カシワバ


3年目になるカシワバアジサイが満開となる。



西日が天使にあたるころ、このようなカットが撮れます。

天使2


2度目の掲載となるが好きなカットであります。

天使1


ガラスに写るぼけは2層ガラスのため映り込む角度によりぼけ具合が異なります。

自分が映り込むと興ざめなので注意しています。


最後にこの時期この虫、夜盗虫が出まくっています。ご注意下さい。

夜盗虫


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

チワワエンシスの365日


今迄控えていた多肉に水やりをした。気温を見ると31度超え、蒸れを恐れ

扇風機を持ち出し風を当てた。水やり後のチワワエンシスをよく見ると

下葉が枯れてひとまわり小さくなった。


昨年4月にやってきたチワワエンシスの一年を振り返ってみた。

チワワエンシス1
4月7日

オザキフラワーパークで2号ポリポットのものが258円で売られていた。

気がつけば7個になっていた。

チワワエンシス2
6月8日


この頃の水やりスタンスは鉢の土が乾いたら水を与えるというものだった。

チワワエンシス3
10月21日


水をタップリ吸ってぷっくら。葉数も増え開いた状態



2月23日

2月23日

葉の大きさにバラツキが出始めたのがこの頃。

チワワエンシス5
4月4日


肉厚の昨年の葉に乗るように今年成長した葉が展開し、新葉が古葉を下に押つけていき

2段重ねとなっている。

チワワエンシス6
4月10日

チワワエンシス7
4月15日


この頃から急に下葉に変化が

チワワエンシス8
4月29日

どんどん水気を失い枯れて行く

チワワエンシス9
5月23日

チワワエンシス10
5月23日


そしてここからが今日27日の状況で昨年秋以降の葉が残りそれ以前の葉が枯れたことが

見て取れる。常緑樹に見られる葉の更新と同じように昨年葉が落ち、今年の新葉に

入れ替わることなのだろう。

チワワエンシス14

水をあげ、このままでは枯れ葉がジメジメし腐るだろうから取り除く

チワワエンシス15

一株につき、20枚の枯れ葉があった。

新しく成長する葉がどんどん押し下がるので茎立ちがなく、形が整っていくのです。

このまま夏を乗り越え、秋から日照と水やりのコントロールでキュとしまったチワワエンシスが

見れるかも。一年を経てこの子の育て方のコツが見えてきた。桃太郎も花うららもこうなるのかな。

同一個体の画像の定点観測でないので解りにくい点ご容赦願います。

チワワエンシス上部

不揃いの形で育ってきた葉も個々最近だいぶバランスがよくなってきた。


チワワエンシスの枯れは
枯れ葉の山


最後は箱の寄せ植え。自分はこんな寄せ植えが好みであります。

箱植



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

どでかい多肉の寄せ植え


昨年の葉挿しで増えた多肉を盆栽用の大鉢に植えてみた。

この大鉢は幅48センチ×36センチあり、かみさんの実家から貰い受けたもの

たぶん立派な松の盆栽が植えられていたのだと思うがそれを見たことはない。

大鉢準備

深さは4センチ程なので乾きも早く多肉向きの鉢であろうと思う。

100発100中で発芽し、増えた「朧月」「白牡丹」「秋麗」「姫秋麗」「ブロンズ姫」の

寄せ植えとした。いずれも群生する。 左端のものは同種の「デビー」に替えます。

寄せた

かなり無造作に放り込んだ。このグラプトペタルム属とその仲間は皆、茎立ちして

暴れてしまうからこれでいいのだ。アクセントにこの間、伊豆の海岸から拾ってきた流木を

入れてみた。この先成長し茎が立ち上がり変貌していく様子が楽しみだ。


食用にもなる「朧月」育て易いのか、あちらこちらの玄関先で群生するものを多く見かける。

朧月

この朧月の産地は『ご近所』で遠い遠い祖先(原産地)はメキシコだそうだ。


「朧月」とセダム属「乙女心」の交配種といわれるのが「秋麗」

秋麗

これは葉挿しのものだが、穂挿し、茎挿しで100%発根、発芽する元気なやつだ。


そして、小さいうちは葉挿しの秋麗と区別できない「姫秋麗」チョット丸こいか

姫秋麗

葉挿しで簡単に増やすことが出来るようだが、これは穂挿しのものであります。



葉がぽろぽろ取れてしまい、勝手に増えた感のある「白牡丹」。肉厚のロゼット状で

形がいいのだが茎が立ってしまうのが残念。

白牡丹

クラプトペタルム属に分類されている書もあるが「デビー」同様クラプトペタルム属と

エケベリア属を掛け合わせた改良品種とのこと。で分類はクラプトベリア属

まあ、どうでも良さそうなことだけども寄せ植えした時同じ系統にすれば管理し易いので

知っていて損はないと思うのであります。


朧月が親と言われている「ブロンズ姫」も茎が長く伸びてしまうのは徒長でなく

成長と言うのでしょう。多肉って買ったときと想像だにしない容姿になるの多いよね。


出会った多肉の姿形にほれ恋をして、連れ帰り時を経て気がつけば変わり果てたその

姿に、我が妻をみる思いなり。、、、、、、、、、ごめんなさい、、、、ごめんなさい


ブロンズ姫も植えました
ブロンズ姫

夏に向かい旺盛な成長とともに紅葉は褪めてブロンズが青銅に。




4〜5日日陰に置いて根が落ち着いたら水やりをします。そうすれば活発に成長し

植えた直後はあちこち向いた顔も皆、陽の方に顔を向け落ち着いたものになるでしょう。

多肉は生け花と違い成長の変化があるので、それを見越した植え方が理想なのだが

その未来を予測するのは難しい。

庭の平鉢


庭の薔薇も1、2の花を咲かせるのみで、ひと時の公演の幕を閉じました。

そしてこの薔薇のドライフラワーが思いをつなぎます。

薔薇のドライフラワー

あまり長く干しておくと皆同じセピア色になってしまうので、ある程度色合いの

ある時点で部屋に取り込むとよいでしょう。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

今日もオザキで多肉買い


多肉が品薄状態の中でオザキフラワーパークさんは品数が豊富であります。

人気種の入荷もみられるのですが、大きすぎのポットに入れられ、高めの

値付けが品薄の多肉の販売戦略になっているのが残念ですね。

4号ポットの樹脂ポット容器の多肉を購入の際は、水やりにご注意下さい。

そうは言っても、気に入る多肉があれば買ってしまうのです。


4号サイズのポットにハンギング仕様で売られているのは、通気対策なのでしょうか

多くの種類の多肉がハンギングされていました。

購入の「アガボイデス」
アガボイデス

大型になるエケベリアなので4号サイズのポットも水やりに気をつけてあげれば

先を見越した大きさなのかも。

アガボイデスは色味に個体の変異があるようだ。この子は赤みがでるのかな?

アガボイデス2

アガボイデスは、今月の初めオザキさんで購入した⬇️レッド ギルバの片親です。

レッドギルバ全体


もう一つ購入したのが「サブセシリス」

サブセシリス2

買って帰ってきがついたのですがこのサブセシリスは葉にやや不安な症状が見られる。


それは我家の2年目になる「チワワエンシス」の症状に似るものです。

7つある内の一つでチョット風通しの悪い所に置いてありました。

病気?

10倍のルーペで覗いてもダニの存在は確認できません。カビなのかそれとも

何かの病気でしょうか。どなたかご存知のかた教えて下さい。


最後はポット苗の「月見草」が満開になり始めた画像で終わります。

月見草


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

お詫びと訂正


24日の記事で

「ラウリンゼ」と「プレリンゼ」の交配種が「チワワエンシス」なのか

と記述しましたが、ここにお詫びと訂正をさせていただきます。

チワワエンシスはメキシコ チワワ州が原産の原種です。

多肉の白い粉は何なのか


多肉愛好家にとって葉に覆う白い粉は特別なもので、お店で気に入った多肉が

あっても、粉がハゲているとがっかりしてしまうものですね。

今回はこの粉について調べてみました。

白い粉が綺麗な「ラウリンゼ」
ラウリンゼ


白い粉一杯の「福娘」
福娘


花うららにも薄ら白い粉
花うらら


この白い粉の正体と粉の訳はなんなんだろうかネット上で調べてみた。

多肉植物での解釈ではないが、果物の例の記述が答えになると思う。

この白いものはブルーム(果糖)というもので、多肉自身から分泌された

ロウ物質の結晶。成分はオレアノール酸、エステル、脂肪酸、アルデヒド、

パラフィン等で、果実に多く見られるものでぶどうやプルーン、りんご等に

あり、キュウリにも分泌され農薬と誤解されることから品種改良で

果糖のないものが生産されているそうだ。

そして、ブルームの目的は乾燥や雨による病気から表皮を守る為だとされています。

さらに、強い日差しから保護する役目もあるのではないかと思います。

よって、白い粉は鑑賞的価値より多肉の健康維持に大きく影響するので

剥がさない様気をつけたいものです。

昨年9月焦がした「シルバースター」は果糖が見られないので、焦げ易いのか。

シルバースター


果糖がないけど丈夫なセンペルビブム。

センペルビブム


巻絹の白い糸を張り巡らすのも果糖の代わりの役目なのかも。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉の健康診断はデジカメ


デジカメは人間の数倍の感度をもつので、画像から元気な多肉の発色を

しっかり見て取れる。マクロ撮影すれば病気や害虫の存在を発見することも

出来るので多いに活用したいものである。


今月穂挿しした「白雪姫」を肉眼で見ると萎れた感じで健康状態を察することが出来ないけど

こうしてデジカメで撮った画像を見ると、生命の息吹を感じる発色が見て取れる。

姫

発根した状態で植えているのでそろそろ水をあげれば色がさめてもふっくらするでしょう。


普及種の「花うらら」も紫外線を浴びこの時期の多肉の中で一番赤みを帯びている

プリドニス


もう一つの「花うらら」水をあげれば開いてしまうだろうと思案中

花うらら


これも「花うらら」で売られていたもので爽やかな感じが好きです。

花うらら小葉


花うらら(プリドニス)とリンゼアナの交配種「プレリンゼ」は3タイプ個性がある。

プレリンゼ2号ポット


プレリンゼ2


プレリンゼ2号


「ラウリンゼ」と「プレリンゼ」の交配種が「チワワエンシス」なのか

⬆️訂正、チワワエンシスはメキシコ原産の原種で交配種ではありません。

テグスカットした「チワワエンシス」の挿し穂

チワワエンシスカット


去年2号ポット258円で買えた「チワワエンシス」5人衆の今日

チワワエンシス1

チワワエンシス2


一時、成長点が消えたけど復活した子
チワワエンシス3

チワワエンシス4

チワワエンシス5

葉が不揃いの成長をとげバランスの欠いた状態にある。梅雨も近いので、もう胴切り

もできないし、上手に陽に当て秋に仕立て直しするしかないのだろうか。


チワワエンシスとリンゼアナの交配種なのか「桃太郎」去年500円前後で購入したもの

桃太郎1

それなりに水もあげているのでこの状態だが

桃太郎2


多肉人気で量産し易いものが交配がされ、本物は誰だ!みたいなことになっている多肉植物だけど

品種改良が進む商業園芸にあっては名前にこだわらず、気にいったものを育ててあげれば

いいんだよね。


次の記事は多肉の白い粉は何故あるのかの疑問に書いてみる


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



薔薇の花後とジギタリス


今日22日、薔薇のはながら摘みをして、今年の薔薇の鑑賞時期を終えた。

我家の薔薇は一季咲きのつる薔薇ということで、今迄花が咲き終えてもそのままにし

ローズヒップが実り放題でした。でも来年の花付きをよくするためにも、花柄摘みは

行ったほうがいいのでその作業をする。結構覆い茂っていたので風通しもよくなった。

いまの時期ちょっと剪定しておくと一季咲きの薔薇でも秋口に少し咲くことがある。

花の終えた「つるオーレ」は根元からシュートの芽が伸び出していた。

今年は、数年悩まされた黒点病も皆無でした。葉落ちもなく青々と茂っています。

去年はあげなかったお礼肥えをあげなきゃね。

薔薇の育て方はネットのあちこちで詳しく解説されているけど多肉の育て方については

満足のいくBlogに出会えていない。

花後の剪定の画像を乗せてもしょうがないので、薔薇と同時に咲かせたいジギタリスを

取り上げました。



これは数年前の薔薇の咲く頃のジギタリスであります。

ジギタリス開花

鉢植えにし、移動配置ができます。

 

2年越しで育てたジギタリスは株も高さも十分でした。

一年目の株5月の状態

ジギタリス一年目



2年目の4月には大株に育ち

ジギタリス2年目

上記のように5月中旬に開花しました。


今年2月購入の苗は3ヶ月後小さめに咲きました。

ジギタリスピンク

他に、3月頃に数株地植えしたものは来年の開花となりそうです。

一年かけ大きな株に育て、大きくそびえ立つ高さに咲かせたい。そのように

大株に育て薔薇と同時に咲かせる要領が解りません。今後学習します。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
168位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。