スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄葉系の多肉は寒さに弱い?


肉厚の多肉の場合、水やりを控えることで葉の成分が濃縮されて

凍りにくくすることが出来るのだが、薄葉系の多肉は水分量を失うと

下葉がどんどん枯れていくのです。その枯葉で身を包み寒さを凌ぐのでしょうか。


我が家の薄葉の多肉達はどうでしょう。


縮れ系でもおなじみのシャビアナ

th_P1300166.jpg
th_P1300167.jpg


シャビアナ似のレインブレーカーズ

th_P1300168.jpg
th_P1300169.jpg


カンテは最低温度7度を切ると下葉がどんどん枯れてきます。

th_P1300171.jpg
th_P1300172.jpg


紅葉も赤い爪も無縁のエケベリア「リタ」

th_P1300173.jpg

th_P1300174.jpg


カンテ同様寒さが苦手なサブリギダ。

どうしても冬に小さくなってしまうようです。

th_P1300175.jpg
th_P1300176.jpg


冬を越すことが出来るのでしょうか、心配なレインドロップであります。

th_P1300177.jpg
th_P1300178.jpg


去年株分けしたばかりなので子株は出ていない「七福神」

寒さにも強く小吹いてよく増えるはずなのに流通量は少ないですね

th_P1300180.jpg
th_P1300179.jpg


黒爪もありますが。これは普通のザラゴーザでも「ザラゴーザHyb」なのです

th_P1300181.jpg
th_P1300182.jpg

我が家の薄葉の多肉をピックアップしていてどこまでのものが薄葉なのか解らなくなり

このへんで打ち止めとしました。

改めて多肉植物とはなんぞやと確認すれば「肥厚した葉や茎に多量の水をたくわえている植物」

とありました。

日韓戦2点のビハインドを跳ね返しての勝利おめでとう。おめでとう。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

デパートで買った多肉


東京都心のデパートの屋上にサボテンと多肉植物の専門店があります。

多肉愛好家であればご存知であろう池袋西武百貨店9階屋上庭園の一角にある

鶴仙園(KAKUSEN-EN)であります。

池袋は25年間ほど通勤していた場所でもあります。

今日は車の12ヶ月点検に出した作業の合間に池袋へ時間つぶしに出て

鶴仙園へ立ち寄ったのであります。


さすが百貨店雨の日の作法です。


th_P1290166.jpg


サボテンやハオルシアの品数は多くエケベリアなどの多肉は売り場全体の1/5ぐらい

のスペースですがさすが専門店です。レアな品種も多く品揃えされていました。



通販以外でお目にかかれなかった「ジョアンダニエル」と最近気になっていた「インディカ」を

お持ち帰りとなりました。

th_P1290189.jpg



一度、徒長させていたので躊躇しましたが、葉裏に魅了され購入。

th_P1290173_20160130011853730.jpg
th_P1290172.jpg
th_P1290182.jpg


この葉裏、なんとも言えません。と活字省略。

th_P1290175_201601300119439c1.jpg
th_P1290174_2016013001193811a.jpg


左が去年花キ流通からネット購入し観葉植物と化したジョアンくん

th_P1290177_20160130011940741.jpg
th_P1290178_20160130011935f7f.jpg
th_P1290181_20160130011937322.jpg


徒長しても部分で見れば産毛と赤い縁取りがナイスなのです

th_P1290187_20160130012049e28.jpg


チョンパの後から可愛いベビー誕生。

th_P1290186.jpg




つい最近オザキFPの普及種の棚にあって気にかかっていたのです。

中央アジアを原産地とするシノクラッスラ属インディカで脇芽を出して群生します。

花を咲かせると株が枯死する場合があるようです。

th_P1290169.jpg
th_P1290170.jpg


今日購入のインディカ500円と駅前で買った花6ポット500円

th_P1290191.jpg

あなたはどっち買います?

自分は両方買ってしまいましたがね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

凍傷してた多肉


昨日はプレリンゼで記事を書いたので今日はラウリンゼで記事を書くことに決めていた。

朝から防犯パトロール団体交流会に出席し、午後からやり残したつるバラの剪定誘引作業。

多肉と遊ぶ時間はほとんどありませんでした。

事前に部屋に取り込んでおいたラウリンゼの夜間撮影をしていて気付いたのが

外葉の一部に凍傷が見られたのであります。一階より2階のベランダは風通しが良く

冷えたのでしょう。



お分かりになるでしょうか、下の葉の外側が濃い色に変色したところが凍みた箇所です。

凍みると細胞が壊されてしまうので多分アウトでしょう。

th_P1290192.jpg
画像は〈エケベリア リナシナ〉です。

中心部や根まで凍みるほど厳しくなかったので、下葉が枯れも再生できるでしょう。

th_P1290193.jpg


ラウリンゼも外葉の一部が凍みたように、粉が消失しています。

th_P1290187.jpg

室内に取り込むことが出来ないほど数が増え犠牲者を出してしまいました。

ごめんなさいです。



気を取り直し一部凍傷の〈ラウリンゼ〉であります

th_P1290173.jpg




ラウリンゼは年中同じ表情で紅葉らしい紅葉がないようです

th_P1290174.jpg
th_P1290175.jpg


我が家に居る5株のラウリンゼは個性がないのです。

皆、同じ表情であります。

th_P1290176.jpg
th_P1290177.jpg

一番高価(1000円)オザキ購入のラウリンゼ

th_P1290178.jpg
th_P1290179.jpg

最近、日本花キ流通で購入のラウリンゼ


th_P1290180.jpg
一年育てれば形は良くなるでしょう

th_P1290181.jpg

中心部は綺麗です。

th_P1290184.jpg

ラウリンゼは流通量が多くお求めやすいエケベリアだと思います。

でも、皆、表情が似ているのと年中色合いが変わらない退屈さもあります。

夏は緑は多い多肉の中にあって目立つのです。5株は持ちすぎですね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

撮り忘れた多肉とプレリンゼ


寒波、寒波で大騒ぎの日本列島と思いきや、今日は3月の陽気なのです。

小さなビニール温室は陽を浴びると30度を超えてしまいます。

開け開かないと蒸し殺しになりかねません。注意、注意であります。


昨日、7株のメキシカンジャイアントを記事にしましたが、一つ漏れていました。


錦玉園産「デレッセーナ×メキシカン」です

デレッセーナはローラそれともこころと言われるぐらい見分けられないようです。

th_P1270166.jpg
th_P1270167.jpg
th_P1270168.jpg
th_P1270169.jpg
th_P1270170.jpg

エイリアンみたいな花芽を立ち上げてきています。



プリドニス(花うらら)とリンゼアナ(コロラータ)の交配種プレリンゼ

th_P1270172.jpg
th_P1270173.jpg
th_P1270174.jpg




2号ポットのプレリンゼ

th_P1270175.jpg
th_P1270176.jpg
th_P1270177.jpg

花うららの葉の縁取りの赤とリンゼアナの雰囲気を併せ持つ美しいエケベリです。


何故か茎が立ってしまったのでチョンパしたプレリンゼ

th_P1270185.jpg
th_P1270186.jpg

日中は暖かいので庭作業も楽になっています。毎年冬のバラの手入れは寒くて大変なのです。

暖かいのでのんびり、つるばらの最終剪定と誘引に3時間かかりました。もう少し残っています。

まだ、芽の動きだしはないようです。芽が出てしまうと誘引作業で芽がボロボロ

取れてしまいます。今年は芽の動きだしが早そうなので急がなきゃなりません。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

メキシカンジャイアント7人の侍


まずは、オリンピック出場おめでとうございます。

そして寒波被害お見舞い申し上げます。

東京も厳しい氷点下で我が家の多肉被害は雨ざらしのハートカズラがやられ

乾燥気味のデッキ上のものは、少し葉がジュレていましたが致命的にはなりませんでした。

他の多肉は一部に外葉が少しダメージがあるものが見受けられるますが、概ね無事なようです。



気がつけばメキシカンジャイアント系を7つ保有していました。

葉は長く侍の刀のようであります。私だけの思い?

th_P1260233.jpg


生粋のメキシカンジャイアントはこのBee house産の実生苗だけです。

th_P1260200.jpg
th_P1260207.jpg
th_P1260216.jpg



Bee house産♀ラウリンゼ×♂メキシカン (マスカラ)

th_P1260201.jpg
th_P1260208.jpg
th_P1260218.jpg
th_P1260220.jpg



Bee house産 ♀メキシカン×♂大和実尼

th_P1260202.jpg
th_P1260217.jpg
th_P1260209.jpg


Bee house産 ♀メキシカン×PG(プリドニス グリーンフォーム)

 やはりプリドニスの血は強いようでメキシカンが消されています。

th_P1260229.jpg
th_P1260225.jpg
th_P1260226.jpg


オザキFP購入 メキシカンジャイアントHyb

th_P1260210.jpg
th_P1260214.jpg
th_P1260224.jpg



オザキFP購入 メキシカンジャイアントHyb

th_P1260211.jpg
th_P1260215.jpg


昨日登場のコロラータ×メキシカン

th_P1260212.jpg
th_P1260213.jpg

コロラータ同様粉系の色白で葉が細く大きく育つので楽しみのある多肉です。

メキシカンの名があるとそそられてしまいます。

やはりジョコビッチは強かった

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

コロラータ交配種全部魅せます


コロラータ収集のきっかけは、Bee houseの多肉を手に入れたのがきっかけで、

今まで見たことのなかった雰囲気の多肉の片親のコロラータに魅了されたのでした。

それ以来コロラータが関わるものであれば買ってしまうのです。あるいは、

好みに感じた多肉を買うと結果、片親がコロラータだったということも多いのです。


そんなコロラータを片親に持つ多肉です。


コロラータ×メキシカンジャイアント

th_P1240185.jpg
th_P1240186.jpg
th_P1240217.jpg



Bee housse産 コロラータ×バミアン? アなのかヌなのか判読不明なのです。

エボニーかアガボイデスみたいけど花芽が上がっているので花を見れば、、、私には無理!

th_P1240187.jpg
th_P1240188.jpg



以下全部Bee house産です

堀コロ×リンゼアナ

th_P1240190.jpg
th_P1240191.jpg



シルバーエボニー堀コロ

th_P1240193.jpg
th_P1240194.jpg



リナシナ×コロラータ

th_P1240196.jpg
th_P1240198.jpg



コロラータ×クリスマス

th_P1240200.jpg
th_P1240201.jpg



シリウス×堀コロ

th_P1240203.jpg
th_P1240204.jpg



コロラータ×パープルエボニー

th_P1240207.jpg
th_P1240208.jpg



エボニー×コロラータ

th_P1240209.jpg
th_P1240210.jpg
th_P1240212.jpg


一応コロラータが関わったものですが、交配の母体であったり種付けの親だったり

個体差が出たりでラベルがなくなると誰だかわからなくなるのが交配種だと思います。

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

コロラータ全部魅せます


大寒も過ぎ寒さも十分に当たったので多肉の紅葉もほぼ完了したのではないでしょうか。

水やりを限界まで絶てばもっと色濃くなるのでしょうが、多肉虐待になりそうで

そこまでできません。もちろん寒冷地では限界まで水を絶って越冬させることも

あると思います。落葉樹ではない多肉に無理やり紅葉させることは私には冒険です。


私の大好きなコロラータはアガボイデスみたいに赤く紅葉しないでしょうし

今が一番綺麗な時期?なのではないでしょうか。


我が家のコロタータとコロラータを親に持つ子達です。

th_P1240226.jpg



錦玉園に出向き初めて入手したコロラータは錦玉園オリジナル10センチのポットに植えられた

園主児玉さんオススメの一品であります。

th_P1240171.jpg
th_P1240172.jpg

花芽を立ち上げています。交配にチャレンジしてみようかな、相手は誰にしようかな

th_P1240242.jpg



五反田 BBの錦玉園ブースで入手した3号ポット苗。

今は11センチの大きさに育つ。

th_P1240173.jpg
th_P1240174.jpg

外形は同じサイズなのだけど葉数が圧倒的に違う。生育年数の違いでしょう。

th_P1240229.jpg


五反田 BB錦玉園ブースで入手の2.5ポット苗

th_P1240175.jpg
th_P1240176.jpg


これも五反田BB錦玉園ブースで入手の2号苗です。3つも買ったんですね。

th_P1240177.jpg
th_P1240178.jpg

2号と3号はこんなに大きさに違いがあります

th_P1240179.jpg


日本花キ流通から3号ポットのコロラータパウエル

th_P1240180.jpg
th_P1240181.jpg

背景のブルーは風除けに張ったビニールハウス用フィルムです



日本花キ流通から10センチポットのコロラータ タパルパ原種

th_P1240182.jpg
th_P1240183.jpg

室内照明で撮るとこんな感じです。

th_P1240254.jpg


タパルパとコロラータの比較です(室内撮影で色調が変わります)

th_P1240239.jpg



最後は頂き物のコロラータ

th_P1240232.jpg
th_P1240233.jpg


園芸店の店頭で見かけることのないコロラータを半年で7品持てたのはラッキーです。

明日はコロラータを親に持つ個性的で素敵な交配種をお伝えしたいと思います。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

オザキフラワーパークに愚痴る


23日土曜の15時42分のオザキフラワーパークのスタッフブログに

今日の夕方から明日にかけて少し多肉がでる予定。”との記述。一昨日来た時

バックヤードに4パレットの多肉の在庫を確認していたので、期待して車を走らせ

16時15分に到着。夕方から明日にかけという曖昧な表現に一抹の不安を覚えつつ

売り場をうろうろしながら待つこと2時間。一向に売り場に多肉が現れる気配がない。

しびれを切らしお店の方に尋ねると、雪が降るので出していないとのこと。

雪の予報はすでに出ていて折り込み済みのはず。再度食い下がると30分したら出します

とのこと、ここまで待てば待ちますよね。

お待たせもなく出てきましたのはラック一台の多肉。


お店の許可をいただいて撮らせていただきました。

th_DCF00004.jpg
いつもと違う携帯画像です
th_DCF00001.jpg

お知らせどうりの少しの多肉でした。期待しすぎた私がバカでした。

オザキフラワーパークに来て手ぶらで帰るのは初めてのことでありました。



気を取り直して今日のお気に入り多肉をアップします。


エケベリア「花野ばら」ですがこの一品以来店頭で見ることがありません。


th_P1230167.jpg

購入は1株でしたが子株ができて2株になりました。そしてまた子株ができています。



th_P1230170.jpg
th_P1230171.jpg


子株ができていますので3株になります。

th_P1230173.jpg
th_P1230175.jpg


花うららに似ていますが花野薔薇は派手さがなく、優しさを感じる多肉だと思います。

th_P1230182.jpg


寒波襲来ということでビニールハウスへ避難です

th_P1230189.jpg


デッキの窓も閉めました。

th_P1230191.jpg

オープンセットの窓なので締めても意味ないのですが、少しだけ風が防げます。

冒頭愚痴ってしまいましたが、オザキさんに落ち度はありません。

スタッフブログによると今日24日にも多肉が売り場に出るようですよ。

私はもう行きませんけど。

拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

花うらら10人衆


同一品種10個の花うららはチワワエンシスの7個を超える保持数となった。

とても丈夫で育てやすく、徒長もしない。何より安価で流通量も多い普及種であり

とてもとても美しいのです。

ブログに登場するのも最多であります。


①3年目になる一番のべっぴんさんです

th_P1220187.jpg


②同じく3年目になる花うらら

th_P1220189.jpg



③ 2年目ですが3号サイズでの購入株で持ち株で一番のビッグ

花芽を大きく立ち上げています。

th_P1220192.jpg


④ 昨年オザキで450円で購入のもの

th_P1220190.jpg


⑤⑥ 昨年日本花キ流通で2個買ってみた花うらら。

来た時は間延びした葉だったけど最近少し形が整ってきた

th_P1220195.jpg


⑦ 昨年加入の子300円

th_P1220188.jpg


⑧ 上記に同じ

th_P1220210.jpg


⑨ オザキ298円の普及種コーナーで購入

th_P1220221.jpg


⑩ ハードポットで450円でした。

th_P1220212.jpg

何しろ丈夫なので葉挿しで増やすことができません。

喜ばしいことなんですけどね。

今週末は記録的な寒波襲来ということで西日本も北日本も

大きな被害がなければいいですね。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

オザキFP冬の狩り


屋外の多肉売り場を覗くと、寒さをモノともせずに元気な多肉を見つけることができます。

冬の室内の多肉は温室育ちで日照もなく紅葉も見られず、いきなり連れ帰って

寒空に置いたらどうなることやら心配であります。

その点、屋外で吹きさらしに耐えた多肉は冬姿なので紅葉もあり掘り出し物が狩れる楽しみも

多いのです。


今年2度目のオザキフラワーパークでぶらぶらしてみました。

今は売り場の品揃え変更時期でもあり処分品コーナーの品数も多くなります。


今回のお買い上げ品は、屋外の普及種の多肉コーナーより3点。

見切り品から2品目のお持ち帰りとなりました。レシートはお買い上げ点数18点

お買い上げ金額2,965円とリアルな情報を書きました。

th_P1210166.jpg


以前購入の白い3.5号と同じメーカーの3号ポットです。14個あった全部をお買い上げです。

3号サイズは使い勝手がいいのでもっとあればよかったのですけどね。


th_P1210176.jpg


寒さに縮こまっていた多肉が多い中で元気な多肉をゲットしてきました

th_P1210167.jpg


花は見栄えしない多肉の中でも、ちょっと花が素敵なベルムであります。

th_P1210169.jpg


左が先輩で、右が今回のもの。午前中だけ日が当たる先輩とオザキの売り場で終日日を浴びたベルムは

紅葉にこれだけの違いがあります。

th_P1210177.jpg



毛むくじゃらのCrassula SPのネーム。変わりダネとして購入。 SPって何?

th_P1210179.jpg


よく見るとロゼット状なる葉が群生しているのだが、もじゃもじゃにしか見えない。

th_P1210189.jpg


ネット検索で得られた情報によると。

クラックス ソシアリス SP(トランスバール)で夏はグリーン、冬はワインレッドのような色合いに

紅葉する。

この子の紅葉はまだまだ途上のようだ。


th_P1210192.jpg



エケベリア ファイヤーリップ 情熱的なネーミングであります。炎の唇

燃え上がるような赤い炎を見せてくれ。

th_P1210178.jpg


よく見るとこれがファイヤーリップなのか、産毛までが生々しい。

th_P1210181.jpg


見切りコーナーで見つけたPARIS Watchは4割でゲット。

電池を入れたら、ちゃんと時を刻んでいます。

th_P1210173.jpg

アンティークな風合いはどこに置いても似合うのです。

th_P1210175.jpg


我が家より西に位置するオザキフラワーパークの屋外売り場の多肉は屋根こそあるが

吹きさらしの状態で置かれているので、多肉の越冬状況が確認できます。

寒さにやられてしまう多肉もありますが、寒さをものともぜずに丈夫さを見せてくれる

多肉も多く見られ、東京の屋外で多肉を育てるバロメーターになるのです。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
168位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。