スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱベランダは育ちがいいね


冬から継続して2階のベランダに置いてある多肉は日よけもないのに焦げもせず

とても元気にすくすく育っていて腐れ病になる子は一人もいない。


th_P6300057_20160630024515ba1.jpg



この時期になると毎回徒長してしまう群月冠は肉厚でプリプリしている。

th_P6300041.jpg


イリアも群生しプリプリです。

th_P6300029.jpg


2号ポットに植えられた葉挿しも自力の根張りで育つ勢いを増している

ラウリンゼHyb葉挿し1年目株

th_P6270040_20160630024339dbe.jpg

th_P6300049.jpg


相府蓮葉挿し1年目株

th_P6270041.jpg

th_P6300046.jpg


大好きな花うらら

育ち方はまちまち小さくとも葉のエッジ周りの赤は健在

th_P6270037.jpg

th_P6270036.jpg

th_P6220025_20160630024333263.jpg


通年赤いエッジは夏に存在感があります

丈夫で普及種の代表的存在の花うららもブリドニスの名札で1000円で売られていたので

大変出世したもんだと。

今年は実生も発芽しているので楽しみであります。

th_P6290008.jpg



この時期に珍しく咲いたクレマチス。


th_P6290012_20160630024451c4a.jpg


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ピンクルルビーの4ヶ月


お日様が出ませんね。皆、パッカーンと開いて葉にいっぱい光を取り込もうと

しているし、徒長しやすい多肉は下手に水やりしてしまうとビョーンと

のび太くんだし、そうなっちゃうともうもとに戻せないし、早くお日様きてちょうだい。



ちょっと前にチョンパしておいたピンクルルビーは水切れで理想?の姿になっていた。

th_P6270013_20160629015023dc4.jpg

チョンパされ体内の水分の発散を抑えるために葉を閉じた状態になっている。

th_P6290001.jpg

今、水をあげたら一気に葉を開き徒長するでしょう、



3月に通販から来た時の状態

クラプトベリア ピンクルルビー

th_P3300015_201606290150472eb.jpg


今はこんな状態になっとる。

th_P6270020.jpg


子吹いたものをチョンパしてガラス器に置き発根させる。

th_P6270014_20160629015024f7f.jpg


根が出たので植え付けたのです。

th_P6270015_201606290150256fe.jpg
th_P6270016_2016062901502642b.jpg


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

大火傷から生還途上


5月に焦がしてしまい、再起不可能かと思われたエケベリア リタが

懸命に復活を遂げようとしている。

頑張れと見守るだけであります。


5月に焦がした状態

まぶさん、ごめんね、ごめんねと謝ったよ。

th_P5160017_2016062802280878c.jpg


カットして根出し中

th_P6270001_20160628022810347.jpg


成長点も動き出した模様

痛々しくも成長への始動が見えた。

th_P6270002_20160628022811f77.jpg


やっと再生復活に向け動き出した状態で先は長い。

一緒に頑張ろう。

th_P6270006_20160628022814893.jpg


生き延びるぞと根を出し始めている

th_P6270007_20160628022814d46.jpg


チョンパの後から二つの新芽が後押ししてくれるのだ。

th_P6270009_20160628022826af7.jpg

望みがある限り最後の最後まで面倒を見てあげよう。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉の親子じゃない3家族


葉挿し子はその元株から生まれたクローン苗なのだが、その関係は親子じゃないし

いとこの関係でもないし、家族ではあるのだけど。

やっぱクローンだね。


ということで、3家族。

th_P6270016.jpg


一家族目はチワワエンシス

th_P6270002.jpg
th_P6270013.jpg
th_P6270003.jpg



二家族目はラウリンゼ

th_P6270005.jpg
th_P6270014.jpg
th_P6270006.jpg
th_P6270007.jpg



三家族目は相府蓮Hyb

th_P6270008.jpg
th_P6270015_201606270330189a0.jpg
th_P6270009.jpg


1号サイズに満たない容器で小さく育てています。

秋には植え替えます。

th_P6270001.jpg

ちょっと小さすぎました。

今度、葉挿し育成陽に1.5号サイズのバケツを作ろうかと思っています。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

久しぶりにオザキで狩った超交配種


久しぶりにオザキフラワーパークに行ってみた。

この時期なのだろうかやや多肉の価格が値下がり気味のようです。

それでも同じようなサイズの花うららが600円でプリドニスが1000円で

売られていた。できが違うように思えなかったんですけどね。

タイトルの超交配種が適切な表現かわかりませんが

今日狩った多肉の名が「ノバジン」でなんとなく胃に優しそうな名前が印象的です。



オザキフラワーパークのお買い物

th_P6250001.jpg
黒く横たわるのは2号ビニポット



観光地のお土産的な手箒が好きです。

th_P6250005.jpg


下の100円ショップのものより大きいです

th_P6250006.jpg



このブリキ作品

日本の人件費ではこうも安くできません。(194円)

th_P6250007.jpg


本題の超交配種ノバジンであります。

なんか見たことのある風貌が気に入り狩ったのです。

th_P6250010.jpg
th_P6250003.jpg
th_P6250002.jpg

ネットや多肉本の情報を見てみるとノバジンの系図は超交配種なのです。

もはや雑種、失礼超優良?壮大な交配を経て生まれた作品なのです。


交配の系図はこうであります。
 
th_P6260005.jpg

超交配種の表現は良かったのかな。ノバジンのルーツを探る旅でした。

やはりどこかで見たことのある面影のある多肉でした。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

トップシータービーの祖先返り?


なんとも生育の良い多肉植物であります。

ルヨンニーの変異園芸種トップシータービーが大増殖しています。


昨年6月の記事はここです。


th_P6240004_20160625023129bc9.jpg



何回もチョンパして仕立て直しています。

th_P6240019.jpg


昨年4月3日のもぎりした葉が1年あまりで急成長。

th_P6240016.jpg


6月にこの状態でポットに入れたのでした

th_P6060021_2016062502184566b.jpg


2階ベランダで日をいっぱい浴びて成長

th_P6240009.jpg



今日まで遮光なし。焦げもせず生育中。

th_P6240008.jpg


生育旺盛で群生株となる

th_P6240007.jpg


一番べっぴんさん。このまま葉数を増やして欲しい。

th_P6240031.jpg


このルンヨンニーが変異したものがトップシータービー

th_P6240022.jpg


クローンの葉挿しが固定せず祖先返りしたようだ。

これから反り返るのでしょうか

th_P6240030.jpg


そっくり返った葉がハートに見えるのが魅力でもあるのだが

th_P6240033.jpg


そっくりかえらないのでハートは現れず。

th_P6240032.jpg


少しでも風とうしをよくしてあげましょう。

カビの温床にもなるので枯れた下葉はこまめに取り除きます。

th_P6240039.jpg



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

センペルビウムってサー


放射状に広がる少し肉厚な葉を持つセンペルビウム。

品種名はあるのでしょうけどセンペルビウムの名前で売られている

ことが多い多肉ですね。品種名があっても明確な違いを見出すのが

難しいので名前を追求することはしません。

安価なので、なんとなく買っちゃってなんとなく多肉棚の一角にいる

存在の多肉でもあります。


我が家のセンペルビウムを全員集合させました。

th_P6240001.jpg


今年軽井沢旅行の帰路農協の直売所で買った100円のセンペルビウムを加えこれだけです。

この容姿の違いはなんなんでしょう。

片方は、頭がすぼまり裾はスカート状態です。

th_P6240002.jpg


ランナーを伸ばして子を増産します。

th_P6240004.jpg


ともに乾燥気味に育てているのですけどわからん。

th_P6240005.jpg

消えかかりながらも3年めの巻絹

th_P6240006.jpg

センペルビウムはどんぶり仕立てが似合います。

th_P6240010.jpg

th_P6240012_2016062402131819e.jpg

冬丈夫なので庭に下ろして育ててみようかな

夏は休眠するので雨の吹き込まない軒下がいいのかもね。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

やはり太陽サンサンプリプリ!


九州は大変な豪雨だし、関東もはっきりしない天気が続いてます。

ウッドテラスは遮光しているので日照不足が心配です。

それに比べ太陽サンサンの二階ベランダの多肉はプリプリで発色もいいのだ。



ご近所の花屋さんからご挨拶がてら買った多肉2品。一品200円

一つはルビーネックレス

何度か買っては冬にダメにしています。

th_P6220006.jpg

葉挿しで増えまくっているのに購入した白牡丹

ふっくらだけが魅力で買ったのね

th_P6220007.jpg


葉挿しの白牡丹は2階の日差しを浴びてふっくら美人でした。

th_P6220016_201606230151022d9.jpg


この季節が好きなのでしょうかリトルミッッシーがモリモリです。

th_P6220013.jpg

そのモリモリからの葉挿しもモリモリです。

th_P6220014_201606230151012fc.jpg


2階ベランダにもいつの間にか紛れ込んだリトルミッッシーがいた。

太陽を十分に浴びた子は葉の縁か赤くなっている。

th_P6220035.jpg


その2階ベランダの葉挿しの多肉はプリプリで発色もいい。

相府蓮 Hyb

th_P6220018.jpg


野ばらの精

th_P6220022.jpg

親株の葉もとから出た野ばらの精は葉挿しっ子と一味違うね、

th_P6220017_20160623030737b84.jpg


千代田の松

th_P6220023.jpg


花うららは期待を裏切らない葉の赤いエッジだ。

th_P6220025_20160623015243ab0.jpg


これ、なんだっけ・淡く綺麗だな。

th_P6220028_2016062301524519f.jpg


福娘もサンシャインで綺麗だ。お菓子みたいで食べたくなっちゃうね。

th_P6220029_20160623015323286.jpg


サブセシリスもレインボーカラーに染まりきれいだね。

th_P6220032.jpg

イリア

th_P6220036.jpg


ロッティ

th_P6220041.jpg


2階のベランダの多肉は冬の時期から太陽の直射を受けてるので

遮光なしでも焦げず発色がいい。

th_P6220045.jpg

多肉もきれいだね、きれいだねと褒めてあげるときれいになるみたい。


th_P6220002.jpg

ピカちゃんは置物のセキセイにご挨拶。でもぬくもりを感じず、2度と触れ合いはありませんでした。

ピカちゃんの親は人間でこのセキセイインコは石の置物でしかないようです。



拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

多肉の実生について


自家受粉でたくさん種が採れた原種リラシナ

先月種を蒔いたのだがまだ発芽しないのです。

品種によっては条件が合わないと発芽しないことや、一ヶ月してようやく

発芽するものもあるようです。

たくさんあるので時期をずらして播くことにことにしました。


種をたくさんいただいた親株のリナシナ

th_P6210016.jpg


th_P6210017.jpg


th_P6210015.jpg


種を包んでいた殻なのだろうか、それに混じってたくさんの種がある。

これが全部実生苗として生育したらなんて想像できません。

th_P6210007.jpg


2度目の種まきです

カビ防止に1000倍に薄めたホーマイを腰水に使います。

th_P6210002.jpg


夜間の温度保持と湿度を保つ為ラップしました。

蒸れ防止の為プツプツ空けます。

発芽に光を必要としないものもありますがサボテン系の多肉は明るい光が必要なようです。

ですから種を蒔いた後、被土しません。

th_P6210008.jpg

この陽気だと蒸れそうな気もしますが実験実験。



先月蒔いた種(コロラータ)の今日の状態です。

th_P6210004.jpg


こちらもリナシナのラベルで購入したリナシナであります。

th_P6210019.jpg


一般的にリナシナと呼ばれているのは左のものだと思います。

th_P6210021.jpg

多肉の学名はラテン語が多いのでlilachinaはライラシナ、リラキナ、リラクイナ、リラチャイナなど

いろいろな名前で呼ばれ現在はリナシナで落ち着いたそうです。。。(羽兼直行著書引用)

多肉の実生で検索すると参考になる記事があります。

多肉ブロガーさんありがとうございます。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

節水多肉は綺麗?


ほとんどの多肉達が緑色に、そしてパッカーンと開き気味になっている中で

しなしな寸前のアガボイデスが葉を閉じて赤く紅葉している。


アガボイデス ルブラ

th_P6200001.jpg
th_P6200003.jpg


ちょうど1年前お迎えした時のもの

th_P6180034.jpg

お水をあげたらひいらいた

th_P7020024.jpg


2種のクライギアナ

表示はクライギアナだったが原種クライギアナ チワワに近い

th_P6090008_201606210219449f0.jpg


ベージュの葉のものもあるようだが、これはグリーンの葉のクライギアナ

th_P7170041.jpg

このグリーンの葉のクライギアナは昨年の9月お☆さまになられました。


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
108位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。