スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読めますか朧月、書けますか


最初読めませんでした。もちろん書くことなどできません。

そんな多肉名朧月オボロズキ

多肉を始めた頃、近所の塀の上に置いてあった肉厚の葉が花ような形状になって

垂れ下がっていました。しばらく眺めていたら、栽培している人が二つほど捥いでくれ

土に置いておけばいいんだよ。葉がもげたら土の上に置いときな。と呉れました。

その朧月がたくさん育っています。


多肉デッキで暴れています

th_P5180123.jpg



葉挿しで増えた朧月は雨ざらしでも元気です。丈夫なんです。


th_P5180078.jpg

葉裏に夕日を浴び、透けた葉色が素敵でした。

th_P5180056.jpg


今まで朧月の花をじっくり観察したことはなかったのですが、なかなか愛らしい。

そして画像を見て発見したのですが、開いた雄しべの幾つかが赤くなっています。

この現象はなんなんでしょう。

th_P5180057.jpg

原因究明の対象課題になってしまいました。ご存知の方お知らせ下さい。


咲いたばかりの花の雄しべは黄色い花粉をまとったままです。

th_P5180061.jpg




朧月の成長点は単純です。ですから葉数は少ないのでしょう。

th_P5180062.jpg


雨ざらしの朧月はみずみずしく見た目は美味しそうです。

朧月はメキシコ原産のものが農産物として改良、グラパルリーフの名で食用になっています。

美味しくないのでしょう、アロエのように食用とする人は少ないようです。


th_P5180072.jpg

この朧月、日本には昭和初期に入ってきたようで、今や雑草のようにあちこちで目にする

多肉となっています。故に売られる対象にもなっていないような多肉でありますが

改めて見ると、名の朧月を感じる美しさがあります。

改めて女房を見て見ました。記述は差し控えさせていただきます。


th_P5180075.jpg

朧月はどんなに日当たりが良くても下葉を枯らしながら枝を伸ばしていきます。

その特徴を生かした寄せ植えの組み合わせもいいし、伸びれば重力で垂れ下がりますので

ハンギングにしたり、崖みたいな石組みの傾斜地に植え込むのが似合います。

th_P5180076.jpg

紅葉を楽しむ多肉ではありませんけど五月の今、成長期ならではの葉の発色が美しいです。

th_P5180080.jpg


初恋や白牡丹との寄せ植えも、それぞれが徒長していく過程が楽しめます。

th_P5180065_20170519024141893.jpg


拍手やブログ村にポチいただくとBlog更新の
励みになります。

   ⬇️

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mabsun

Author:mabsun
新築を契機に癒しと四季を感じる庭造りを始めました。
更地に薔薇をはじめ、200種を超える植栽をした、
ガーデニングの記録と現在、多肉の楽しさにはまる
多趣味で毎日が祭日な都内在住の自由人です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
168位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。